8月31日

ヨーロッパのサッカーの移籍市場の締め切り日

この日までは何が起こるかわからん

シーズン終了後に「アス」だの「サン」だののヨタ移籍話で右往左往した善良な少年少女にも平穏が訪れる。

ありそうな移籍話よりもびっくりすることがあったりで、終われば仏様

なにもなかったようになる。

8月の最終日にラツイオからクレスポとネスタが去った衝撃は途中経過のヨタなど二度と興味を亡くす衝撃だったぬ。

続きを読む

スポンサーサイト
昔、吹奏楽を一緒にやった仲間と月イチでクラリネットアンサンブルやってんだがな

たまには飲みに行こうということで昨夜、木更津のベイなんちゃらというとこでビアガーデンいってきたんだ。

セコイ発泡酒を飲みつけると生ビールの飲み放題が良く、つい飲みすぎたんだ。


フラつく足ですっかり廃墟と化した木更津駅前に到着すると、もはや世間からはゴミやばわりしかされないンコチパ屋跡があった。

こういった駅前の小さなンコチパ屋はもうあまりなく、哀怨だの害亜だのいう(いずれも2ちゃん用語)大きなチェーン店ばかりになった今では小さいお店の経営も大変なんだろうなと。



ちょうどイオンが他の商業施設を滅ぼしていく構図に似てるな


などとビアガーデンから一夜明けた今日、イオンの焼酎ガチャでつかまされた大五郎やビッグマンの仲間を飲んで夜が更けていっているのである。

ビアガーデンのショーで中国雑技団やってたんだが、怖くて見てられなかった。

プロとはいえ中学生や小学生の子供が厳しい芸を披露する姿には心を打たれ、ついオヒネリで万札を出してしまった。


と日記にはかいておこう
ゴンサロ・イグアインがアルゼンチン代表から外れたそうな。

もうタレント多すぎて代表呼ぶのも困っちゃうな、山本リンダ。

もうアルゼンチン人てだけで超人みたいな錯覚がするんで、アルゼンチン人の運動音痴な子供なんて転校先でどえらいドラマがあるんだろうな。

「アルゼンチンから来たゴンサロ君です。よろしく」

もう気色ばんでサッカー部員が突撃する。
古くは青葉学院のユニフォームを着ていた谷口君時代から古典的なでありながら存在するドラマパターンござる。


急に漫画「キャプテン」を思い出したのはオヘーダ君のプレーがツボ。
「ポジションはサードだ。。。。。。。。2軍の補欠のな」
というセリフを数十年ぶりに思い出したわけです。

漫画と違う(と思う)のはプロ、金を貰ってるスカウトが見出し、契約してるところで

コンディションが悪かったんだろうとは思うんだが、これはラムちゃん以来の傑作かもしれんなどと

完全移籍ってどうすんだよこれ。

先日見たジェフの公式応援ソングWIN BY ALLも顔負けのコレジャナイ感

審査とか検討とか推敲だとか無いのかなこの組織にはw


岐阜ってある程度のJ2での敗戦は織り込み済みながら、勝敗よりもポゼッション率で応援する人にアピールするチーム作りとなってるんだけど、ジェフもそうなの?

岡本ってオヘーダ君よりほんとに下手なの?
江東区の青少年プラザってとこでオケの練習

本番の指揮者が初めて登場する。

オケ自体の練習は6月から開始されているものの、毎週個人の譜読みができていない状態の繰り返しなので

実は指揮者に見てもらうべきところは何もない。まだ提案できる演奏の形すらない。

ところが下手糞の集まりというわけでもなく、うまい人たちはヨソのカケモチが忙しいだけである。

自分ですら下手糞のライパチプレイヤーなんだが、よそでオペラだなんだとこのオケ以外の「本番」をこなしている。

年齢とともに他人様に演奏を聴いてもらう喜びも薄れ、淡々と「行事」をこなしているというのがホントのところ。

目的もなく楽器を振り回して移動するくらいなら自宅でオーディオ聴いてるほうが音楽活動としては実があるような。



そんなことを思いながら、練習にいくと1回のホールで学生達のロックバンドの発表会やっていた。

ダイナマイトライブっていう看板が立っている。

先日練習場の横の部屋でダイナマイトライブ顔合わせ会場という張り紙がしてあったがこれだ。

打合せスペースの多分高校生と思える少年達の熱い会話や目の輝きを見た。

中には人前で演奏するのが初めてだという少年もいるのだろう。初めてだということは1/1の100%

俺みたいな爺がチョッと合わせた程度のなんの期待も成果もない「本番」、1/∞ のうっすい「おつかれっしたー」とは違う。


入場無料とあったし、少し見たい気分もしたが、オッサンの場違い感からドッキリカメラかと思わせるのもアレなんで入れなかった。
こーれも クソゲ♪

あれも クソゲ♪

たぶん クソゲ♪


きっとクソゲ♪

というわけで、かつてはCMを見ただけで心ときめいたドラクエやFFのCM見ても眉一つ動かさなくなった

クソゲーが蔓延してる原因はゲーム作成になんかまじめにやるとこがなくなって

かつてのスクエアやエニックスは名前が統合され、過去ゲーのキャラクターによるガチャ商売となった。

このガチャがあるゲームってのがあかん先生。

ゲームとして中身のあるものは皆無。ゴールが常に動く。資源探索と町づくり、ギルドとクジ。完成しても完成しても次のゴールが設定される。

チュートリアルでガチャを引かされ「ほう、なかなかのキャラを引いたな」が初回である。

入院した時にスマホで売れてるというゲームをダウンロードした。なんとかストライクwとかいうやつ。

ゲームの中身は画面を触るだけでクジ引くゲーだったので5分で消した。



とまあどこいってもガチャだらけである

先日、海浜幕張のイオンモール行ってきた。

既に閑古鳥の無く店舗がいくつかあるのに「イオンモール駅」などという思い上がりが画策されている。


焼酎を買ってくるか。薩摩白波。

と、酒屋にいくと

2000円で高級焼酎2本入り

てのがあった

ガチャだ!

この価格設定と量が絶妙で1000円ちょいのお安い焼酎2本よか安い。

もしかしたら高級品が当たるかもしれんw

家に帰り、ワクワクしながら開けてみると想像を絶するひどい中身だった。まあ、そうだ。

クジはこうゆうもの


イオンモール駅などという野心はどんなことしてでも止めないかんな。。と思いながら焼酎を飲んでみたが

どうせ芋焼酎。当たりでも味は多分変わらんw


焼酎なぞ酒税法が変わる前は土方やキチが飲む酒だったのだ。
大して味は変わらんなと酔いつぶれてしまった。


ところで冒頭の話、FF7のCM見ただけで1年以上も先に出るゲームの為に、半年で壊れるプレステを買いに夜中の町をはだしで駆け出して行ったあの頃が懐かしい。

日本の電化製品がクソゲー化する前夜の事だった。
足を骨折した後、オケには車で行っていたのだ

以前はよく車で行っていたものだが、練習場の駐車場が団体でひとつしか貰えなくなった。

コントラバスみたいな大きな楽器持ちが優先となるため、いけなくなったのだが

「歩けないので忖度してくれ」とお願いして2回くらいまでは許してもらえた。

3か月ぶりくらいに電車でいった。


駅から練習場まではバスでいったが、本当はせっかく電車ならば玉川屋で蕎麦食べたかった。

車で行ったときは別の蕎麦屋で食べてたので他の週もほぼ蕎麦だったのだが、玉川屋はまた格別で

暖かくなったのに4月になってから毎週カレー蕎麦食べていた。

この春まではこちらの練習場がリフォームだったので久しぶりだったこともあって、カレーそば一徹。

歳を取った店主が毎週、そんな俺になんか言いたそうにしてるように見えたんだが、頭がおかしいと思われてるのかもしれんなと思っていたが、お金払って出るときに出口付近まで来て「どうもありがとうございます」と頭を下げていた。

カレー蕎麦やもり蕎麦ばかり注文するので蕎麦好きの通と思われてるなさてはw

土曜日の帰りは豪雨に襲われた

豪雨の中帰っていると玉川屋にシャッターが下りていて「5月末でたたみました」という張り紙

お店には永遠は無いと思っていたが、寂しいな


足が治ったら、こうやってこうやって蕎麦食べるんだと思っていた先月にはもう店は無かったのだ。


トボトボと駅まで行くとよく行った居酒屋や焼き鳥屋のテナントが廃墟になっていた。
もう何度もいってる荒川交響楽団のオペラを観てきた。

今回はプッチーニの蝶々夫人

オペラ行く場合は事前に歌詞の意味やらをあらあら掴んでいく場合が多い。

前にオペラ習った先生が「オペラで訳見ながら聴くのはもったいない」と言ってた。そうだと思うが、今回はよく知ってるけど結末のよくわからない作品。

理由は大昔のカラヤンの蝶々夫人のビデオ。何回見ても1幕くらいで見るのやめちゃう。

着物着ている蝶々さんが黒人なんだ。。。。

ヨーロッパ人から見れば白人でない異国っぽい上手い歌い手ならあまり変わらないんだろうけど、

日本人の俺が見てると「ちょww」って感じ。いい曲が入ってるとのことで何度も見たが最後まで見たことは無い。


で今回は初見に近い感じで、なるべくサッと訳を見ては歌い手さんの演技を見た。


結婚を信じて愛する人の帰りを待つ悲恋物語

物語は美化が素晴らしい。

生活の苦労の無い現代では、女性が遠く離れた男性を思い続けた例を一つも見たことが無いww

逆ならイッパイあって、自分がそうだ。
今ならヤフー知恵袋に「将来を約束した彼女が東京にいったのですが、手紙の返事が来なくなりました。続けて出すのもアレなんで待ってます。ホントはとても優しい人です。どうおもわれますか?」
なんて聞けば20人くらいが一斉に現実を教えてくれる。
アナログ時代であるほどこういうものの残酷さが増す。


海の向こうから帰りを待つっていうのは辛いものだろうと涙が止まらんかった。
「岸壁の母」なんかもこれだ。

男女の愛もそうだが親子の情も泣ける。数年も待てないのに、何十年も政府にほったらかしにされている横田さんの気持ちを子を持つ親であれば想像だけで耐えられない。

アマチュアでやるオペラだったけど感激やら感動はプロとそん色ない。

まあ歌い手はプロなんで。

オペラはやるのもとても楽しいけど、この演目は客席側にいた方がいいな。










今頃は熊本の黒川温泉で豪遊している頃だった。


それが先日、足をボキリと折ってしまってギブス生活。

アルコール飲めないが、楽しみが無い分、ブクブクと肥ってきた。

ヤオコーのおはぎが旨いw

足が治ったらジムでガンガン絞る予定。


パイレーツオブカリビアンの封切り日だったんで、これを見て大分戦を糞DAZNで観戦

正直、今の監督の下のうちでの昇格は完全に諦めていて、順位表も見なけりゃ、負けても悔しくない。


負けやすいサッカーなのだ。

お気づきの御仁も多いとはおもうが、ジェフのパススピードは早い。代表よか早い。

これを叩いて繋げるので正確性には欠けるが、攻撃の武器になる。チャンスは作りやすい。


相手にさらわれる危険性もあるが、リスクに見合うメリットも大きい。


ところが守備に切り替わっても、ワンタッチで叩こうとするので百発百中以外労せずに相手の決定機になる。

攻守切り替え時ならばまだしも、リードして守る局面でもやるので確実に勝てる相手がいない


リスクを背負うのではなく、ハンデである。

今シーズンのJEFの前半は全くのハンデ戦


妄想ん中ではね。

「ハンデ戦終了アルネ。ゴーダヨ、モウアソビハオワリネww」



とエスナイデルがやるんじゃないかと思っているが、俺の妄想なんて千に一つもかすらない。

第一、あのラリベイ。

点はとっているが、とにかく効果的に動かない。大リーグ養成ギブスでもつけてんのかと。。。。。

思ってたら、脱いだw

あらゆる局面で貢献し、足がつるまで走った。

イメージしてた選手像とは違う。

大分はミスが多くて、こちらが与えた「ハンデ」を潰してたが、ラリベイと清武は反則級の脅威だったろう。


ラリベイは決めた2つのゴールもそれぞれ良かったが、決まらなかったシュートやポスト、全ての局面で別格だった。













DAZNってのダメだねw

先週あれだけトラブルだったのにダンマリだわ。


それはそうとJEFの試合が酷いなあ

4-6で勝ったはいい。

俺は勝てば何でもいいと思ってるけど、相手クラブの過去数年の順位見てみろよ。

SNSではしゃいでる御仁いっぱいいるけど、あれは本気なんだろうか

守れないじゃなくて守らないんだからタチが悪い。

先週の試合は成績度外視でポゼッション合戦やってる同士の戦いとしか誰も思わんわなあ


木山ん時も思ったんだけど、JEFサポはIDつきSNSでクラブに誤ったメッセージを発信してるんじゃなかろうか



あとあのナントカっていう書斎派評論家の人の的外れな解説は勘弁してほしい。

目測を誤ったのはプロとして云々


バウンドの目測を誤ることはユーベのDFだってやるだろ。

1人がやられても次々とカバーしてバルセロナすら無失点で切り抜けるんが守備戦術ぞ


これじゃDFの選手はずっと非難の的になるぞ

面白ければいいとか、もう負けるのが悔しいサポーターが残ってないわけじゃないと思う。



東京V トッティ獲り!年棒1億2400万円を超える条件提示

またスポニチの確信犯的飛ばしw

ここ、かつては

千葉オーウェン

なんて出鱈目やったんだけど、あれは

ミシェウ(Michael)

からの魔曲解だったんだと思う

毎年この時期に出てくる海サカの確信的飛ばしのサンとかガセッタの「噂」を転載したネット記事に
多くのにわか海サカファンがヤフコメで大激論をする時期となったので、
日本の新聞もヨタ話も対抗しちゃうわよ

ってことなんでしょうな

サンの飛ばしでアクセス稼いでるやつとかが未だに小遣い貰えるって状況、少なくとも代表戦サッカーの実況解説をちゃんとしないと難しいんだろうな。。

昨日、ラグビーの代表戦やってたけど好感持てる内容の放送だったぞ。
プロフィール

さざえさん

Author:さざえさん
こちらに引っ越してきました。

昔のブログの記事もそのうち公開していきます

Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR