年に1回くらいカミさんとフクアリに出かけることもある。

かつては家族でシーチケ持って子供と大騒ぎして行っていたのに、今はサッパリ寂しいものである。

とは言え、カミさんといくと生ビール飲んでグダグダと話したり気分がまぎれる。

本当は故郷熊本を強烈に応援したいのだが、「J2なら熊本を」と言って何年の歳月だろう。

熊本の試合はチェックして、毎試合見てるのだが、敵になると結構毎年手強い。

熊本のサポからすりゃ

「清武に仕掛けさせて攻撃すりゃ、うちの守備じゃ守れない」

なんて思うのかもしれんがドリブルするスペースの無い渋滞攻撃(知ってた)

今年は連敗はあっても連勝はできないのが(数字以上に)うっすら見えてきたので

期待も無く、カミさんとひさしぶりのお出かけでしかなかった。

予想ではエスナイデルの解任あるいは宗旨替えは来年の今頃だろうから

例年の「負けて悔しくないのか!!」的な見方はしてない。

前節で賢者モードへ達観した

互いの元主力選手がサポーターのところへ挨拶に行って声援と拍手を送る。

なんてすばらしいのだろうか。

日本人はクールである。ナポリ人に見せてあげたい。

やっぱりラリベイは何らかしらの問題を持っているようで

ベンチでの準備の様子からどうも元気がない。

J2はやっぱ日曜にやってほしいぞ。

年間の予定というものがあらあ。
スポンサーサイト
美容室にいくとクソも面白くないファッション雑誌ばかりだというのは昔書いたと思う。


んでモノ雑誌みたいなものを差し出してくれた。まあお店の人もこいつがファッションに興味があるかないかはすぐにわかるみたいだw

Amazonの人気高い商品の評価はどうだ?

みたいなの

いや、おれAmazonで買うのなんてオペラのスコアくらいのものでw

とみるとNASってのがある。

RAIDが家庭でやれるらしい。。ほお。。

つまりPCやらスマホやらのバックアップがとれて、ミラーリングによりバックアップがとれるんだそうな。3TBいけるそうなw

よくよく考えると写真のアルバムを持たないでデータにすることは多いがデータが消えたらパーだ

うちではかなりの子供の写真がパーになっとる。

で、そのNASだが2万くらいで買えるんだそうな。いや、ディスクを2枚別売りで買わないかんのだけど

それでも4万は切る

てわけで先日炎上したPCデポ幕張店にいってきたが高い。

これならAmazonのほうがええわ。

一応、もとオリンピックのヤマダ電機いってきたけどPC周辺機器はなし。

店員もやる気なさそうだったw

GWの最大の山場は昨日。

バベルの塔いって御徒町で寿司食って昼間から1杯、讃岐との試合をDAZNで見て
起きたらチャンピオンズリーグの準決勝モナコvsユベントス

放送は3時30分開始なんだけど、通常の平日ならば試合開始の3時45分に起きる。

休みだから放送開始からである。

イグアインの先制点でビールも飲める。

0-2というスコアだけを結果だけ見た人は「やっぱりな」と思うかもしれんが

どうなるかわからない試合だった。

バルセロナの前線の3人は「確実に仕留めようと」シュートを打つ。
ブッフォンが切るコース、守備範囲を考えるからコースが無い。
なので狙いすぎて枠外にいってしまう。

モナコのンバッペなんかはブッフォンなんか知ったことじゃないのでガンガン撃つだろうから

そのこぼれから失点したりとかはあるだろうなあと思ってた。

結構な苦戦の割には結果が0-2。

これはイグアインという選手を大枚叩いて取ったおかげ。

さすがにホームでは引き分け以下は無いだろう。

モナコ0-2ユベントス

ところでンバッペていう選手は身体能力に長けてるだけではなく、脳みそが良い。

プレー中もそうだが、CLマガジン見た感じだと感謝を忘れない精神や他人に対するリスペクトなどメンタル面がスター候補である。
その点、キングスレイ・コーマンはいずれいなくなるだろうwカッサーノと同類。

凄い選手になるだろうが、名前だよな。。ンバッペという。。

ンから始まるんだぞw

いや同僚のバカヨコには負けるが。。
剣術モノの小説というのは大変面白いんだ

昨日、たけしの座頭市みたんだが小説にはないユルさがあって結構笑った。


たとえば剣豪の「先生」が「失礼」と言って下段八双の構えにしたところで頭をポコッと殴られたら笑うだろうなあ。。

JEFのサッカーがそんな感じ。1点先制しても「はあーーっw」と残り時間を見て絶望的な気分になる。

先行しても頭を突き出してるのでそこに面を容赦なく打たれる。

そこは首を横にずらすので間一髪防いだこともあるんだが、手の内がわかってるので首を傾けるところにポコポコと攻撃が飛んでくる。「情報化」のわかってないこっちからすると何故なんだ。てな感じ

まるでハンデ戦

ラリベイは真面目なタイプなんだが、実は何か隠している。

矢吹ジョーが相手選手の顔面を打てなくなったように、真面目がゆえに味方にパスをして何とか取り繕ってるような気がする。
枠内にシュート打ったら胃のものを戻してしまうのではないかくらいの勢いなんだけど、監督は使い続ける。

「あしたのジョー」ネタが続いて悪いんだが、実はラリベイが道端に座っていたカーロス・リベラと被ってしまったんだ。

もう十分にメッキは剝がれてます

今朝、北朝鮮のすかしっ屁ミサイルがぷすりとやっていた頃、

平和な日本ではアタランタvsユベントスをスカパーでカップラーメン食いながら見ている男がいた。


このアタランタ戦はかなりの正念場で

アタランタ、実はセリエではJUVEの次くらいに強い。

インテルで無能じじい呼ばわりされたガスペリーニがすっかり名将になってしまっている。

サッカーの監督で無能「よばわり」された人は本当は無能ではなく、クラブチームと出会う時代があってなかっただけのようなケースが特に海外では多い。

スパレッティなんか一巡してローマに戻ってきているが、その点もったいない銭金が流れた
にしろ
じっとしていては負けてばかりになる。


当然ガスペリーニが無能じじいだったわけでもなく、ミラノの2クラブが当たりを引かない。
当たりを避けている状態なのでござる。

おそらくイタリア人は首を捻って悩んでいるだろうが、日本人のスカパー視聴者には原因は解っている

解説者:宮内聡※ 

アレグリですら手も足もでない。

今日はクアドラード下げて前にあげたアウベスが逆転弾入れたとこは鳥肌がたった。

がなんとバルザーリを入れて電光石火の守備固めの直後に追いつかれた。

モナコ戦前に暗雲。


意外に枕詞が長く、正念場の理由を書くスペースも気力も失せてきた。

バルセロナでのアウェー戦を10回くらい見てたらバルセロナの敗因分析とともにモナコはそう簡単にいかないぞと思えてきた。

おそらくアレグリはその辺がわかっていてモナコ戦直前に主力をあえて休ませなかった。

次回に詳しくやります。







待ちに待ったゴールデンウィークでござる。


が、ヒャーの予定もない。まあそんなもんだ。
もはやスパ銭ですら人が多いだろう。大人しく寝てよう

俺が子供の頃は祝日は旗日といって国旗と日章旗を立てたものだ

何年もたっていないのに日章旗は韓国の憎悪の対象となり、それは無制限の権利と暴力が許可されているようで

先日川崎フロンターレ※と水原のACLで日章旗揚げたと言って殴りこまれた挙句、川崎がACLの処分対象なんだそうな

は? だ

まだ解らないのか?

もう日本人は君らに本気で怒ってるんだよ。

まだ謝罪しないのは罵倒が足りないんだと本気で思ってる様相。

絶対に譲歩してはいけない。

どうもこの件で川崎に無観客試合の【処罰】があるかもしれないとかいっている。

そんなことになったらACLからは脱退するくらいの根性でやってほしい。

アジアから脱退して日本はUEFAに加盟すればいいヨ。


解説
川崎フロンターレ※
皮先ウンコターレなどと呼んだのも今は昔。今や奴隷と僧侶くらいの身分差がある
オケの練習では立て続けにお昼はカレーそばだったんで

普通の立ち食い蕎麦にいった

文殊という蕎麦屋

フェイスブックの「立ち食い蕎麦放浪記」というオヤジだらけの立ち食い蕎麦コミュニティがある

ここに度々登場する。

何度か行ったことがある。

立ち食いと言っても椅子とテーブルはパーフェクトに準備してある。麺は自家製らしく評判がいい。

久しぶりに寄った店や初めての店ではたぬき蕎麦にするのが普通だ。

蕎麦を極めてこそ言える一言であろう。

ところが自動販売機で手が止まった。

たぬきそば かきあげそば 春菊天そば

全部380円でござる。

ここでたぬきそばを頼むのが真のエンスージャスト※といえるのではないか

ト思ったが、他に見栄を張る対象の客もいなく春菊天にした。

【解説】
真のエンスージャスト※
WIKIでは
>今日の日本語では単に「エンスージアスト」もしくはその略称の「エンスー」と言った場合、カーマニア(カー エンスージアスト)を指すものとして用いられる場合が多い。
と語られている。
がこんなエンスージアズム (enthusiasm) なんて言葉をバイクや車のカタログを年中眺めてしげの秀一の漫画読んでるパープーが発するかというと
RZRという単車の広告に「新のエンスージャスト達へ」という文言があったものが発端だとされている。
おお、俺こそエンスージャストだと誰もが叫んだのだ。免許も持ってない高校生のガキがだ。

睡眠が殆ど取れていない数年間な気がするが

横浜FCに虐殺されて酒飲んで21時過ぎにフテ寝して、起きたら朝の8時だった。

ちなみに9時には君津にいかなきゃならん。

先日、昔の職場吹奏楽団のジイさん達と飲んだ時、もう何年も吹いてない連中でクラリネットアンサンブルやろうぜてなことになっていた。

大慌てで車を飛ばしたが、市原の先で事故があったようで、寝坊したおかげで巻き込まれなかったと信じよう。


曲はとても簡単でハーモニーが美しい。


久しぶりの人もなんとかできて楽しさを堪能していた。

難しい曲やるよりもずっとこっちがいい。

練習終了後は友理でラーメン。

世の中で賞賛されているラーメンのスタイルには程遠いが、これがうまい。

いつもここに来ると悩む

太麺皿うどんかちゃんぽんかラーメンか。。

悩んだが太麺皿うどんにした。

笑がおの湯に立ち寄った。
ズイブン古くなったが、お客があいかわらず多い。

ちょいあつの湯かげんがいいんだろうなあ。

すこしのんびりできた日曜日。極力行事は断りたい。



痴漢の疑いから線路を逃走するケースが増えているらしい。

疑われたら最後、やってなかったことの証明をするのは無理で逃げるしかないからだとなんだかに書いてあった。

電車通勤はたくさんの危険と隣り合わせで

ぶつかっただの押しただので難癖つけてくるオヤジ。危険度B
キャスター付きバッグの足刈魔。危険度C
八方から現れる歩きスマホ。危険度A

に加え痴漢嫌疑。危険度SSS

こんなのに比べたら先日のイカくさいおつまみなんかは危険度Dくらいでござる
(但し、酒持ってるオヤジがウトウトしていたら危険度S)

新入社員の頃、上京したというのに弦楽合奏ばっかり聴いていた自分のカッコ悪さを何とかできないかと、ウオークマンで少し前に流行った吉川晃司を聴いていた。
曲は「サヨナラは8月のララバイ」

自分のケツをひっぱたくようにノリノリでカクカクしながら電車に乗っていたら持ってたカバンで前に乗っていた女のケツをリズミカルに刺激していたのだ。

「なんたる破廉恥な」

みたいに睨まれたんだが、これがツタンカーメン事件※の真相である。


※ツタンカーメン事件
睨んだ女がアゴが出てたというだけ。
「今日さ、ツタンカーメンみたいなのに睨まれちゃったよーww」
なんて笑って職場のバカ新人どもと話してたんだが、あれで
「こいつ痴漢です」と捕まってたらと思うと膝が震えてくる。

で、なんでこんなことを思い出したかというと、昨夜チャンピオンズリーグの組み合わせで
ユベントスがモナコを引いたときに

吉川晃司のモナカのイントロがカクカクと蘇ってきたのだ


つい最近、パリサンジェルマンとのカンプノウでの試合を餅を食いながら見てた※身としては

今日の2ndレグの試合は見るのも辛かった。

逃げたい。

寝坊して目が覚めたら1-0でバルサの勝ちでユーベの勝ち抜けが決まってたら良いな。

と本気で思ってた。

レフリーが過去のチャンピオンズリーグでカンプノウでの前科持ちw
実況倉敷、解説アホ水沼という最悪のアウェーで過ごす90分となった。

これをバルサの選手が信じて試合開始直後からパタパタと倒れる。

レフリーは吹かない。するとバルサの選手が倒れなくなった。


抑えのエース、牛島なみのバルザーリが出てきてやっと確信。


バルセロナ0-0ユベントス

勝ち上がり
ベスト4

※餅を食いながら見る
 競馬場で応援対象の馬に見せ場なく、何もできず、声も出せず観戦を終えること。
府中競馬場であんころ餅を売っていた。
一つの希望もなくモグモグと食っているだけの姿をいう。
(同義語:サマラナを食いながら以下同文)

プロフィール

さざえさん

Author:さざえさん
こちらに引っ越してきました。

昔のブログの記事もそのうち公開していきます

Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR