ちばぎんカップ、テレビで2回見た。

高いラインということもあり、そこ(高いラインのリスクと効能)ばっかり目がいきやすいが

今年は楽しめそうな気がする。

いかんせんJEFの場合、戦術だ監督だ個人技だの前に勝負事のひ弱さが目立つ。

近年、誰がやろうと勝負にこだわるわけでもなく、タンタンと時間が流れていく試合。

そういう試合、もうひっくり返ることも無いし、リスクを犯しに行く必要のない試合もあるのかもしれんが、大分や山形とやったプレーオフ決勝で負けてる場面でのセットプレーでキーパーが上がっていかないとか、ホームでコートチェンジされて感情もあらわさない淡々さ。
自分のパスは成功させ態勢の悪い味方に簡単にボールを渡す。

というのが結果以前の伝統芸能になっていた。

これは「無理せん作戦」である。

走れなくとも、パスの2手先を読む能力が無くても、スタミナが切れようとも、一対一で負けようとも

90分間試合をして帰ってくるだけである。

目に見える大きなミスが無いので誰も責められない。

これは出来損ないアマチュアオーケストラでよく見るシーンである。


この伝統芸能を知らないエスナイデルのチャレンジみたいなものがあるような気がした。

無理せんや現状保留からの脱出が規定できそうじゃ。

今年こそRevolutionであり奪甘で奪還といきたいw

今朝のレアルマドリー対ナポリだが、ナポリは最後は足が止まっていた。

しかし前半は細かくボールを動かし、先制までした。

引いて守って相手に得点を与え、90分過ごし1-0で負けたのではない。

先制したがさらに強い相手に3点を返されて3-1で負けたのだ。

前評判の低かったエスナイデルだが、ソチラ側の人間だ。
スポンサーサイト
「愛媛と千葉は枠内シュートのワーストの1位と2位なんだ」

とスカパーで言ってた。J2のだ。

ほう、じゃあ、アチラ様も攻める必殺の形がないんでござんすね。
剣法も殺法も引き出しが無く刀振り回してるだけ。。



愛媛の2点目が入って2度目のゆりかごパフォーマンスを見ながら、空虚に
「くそったれが。。。。。。」と表情も変えず餅を食った。
攻撃の戦法無しでそんな何点も取るのは相手が協力しないと無理だw


もう、いろいろなとこでファビョ塚さんの退任希望が聞えてくるんだが、GMが後輩じゃ代わりっこない。
もう何も変わらないまま沈んでいくのか。
監督の進退が絶対セーフなんでやめろもへったくれもないw


監督が悪い。守備の選手をケチるマネジメント側が悪い。アイツが悪い。コイツが悪い。。。
そんな気分になるが
今は誰が選手やろうが監督やろうが同じ気がする。(実際同じ)

今のJEFは雀荘で言うと暴牌振りまくったオッサンの後の席なんだ。


暴牌の一番すごかったのは2012年の昇格プレーオフ。
決勝で引き分けならば昇格。相手は攻撃の手立てが無く残りわずか。

昇格のかかった決勝戦。なりふり構ってはいられいはずなのに、試合終了間際に時間をかけるわけでもなく
なぜかFWを2枚交代。

木山隆之のJEFでの最後の暴牌

このシーズンは暴牌の連続だった。オーロイ、ミリガンがいてロングスローを殆ど使わなかった。
(EURO2016でイングランドを破ったアイスランドのロングスローは心理的に効いてた。武器はこの斧1本だった)

数週間前にナポリにゴールしたレジナウドも使わなかった。
ナントカ頼みにしたくないのは解るが戦術が「我が剣法」のみ
なのに試合終了間際の失点が多かった。リードしてるのに勝ちにいかないからだ。
オーラスでピンフのみで上がれば終了なのに大物手を演出したがり、
無駄なリーチをかけたり必要のない清一色を見せたがった。

変な気を起こさんでくれとスタンドで祈ってたらFWを2枚替えた(と記憶してるが本当はどうだろう。調べるのもメンドイ)
守備的な選手をゴール前に張るりつかせれば終了なのにだ。

あの時の暴牌の呪いは強い。10年くらいじゃ解けないと思ってた。


そして今日の木山隆之は試合終了間際に守備的な選手を投入してゴール前で体を張ってゴールを守った。
愛媛GKが遅延でイエローもらったが、そうだ、それをやればよかったのだ。あの昇格のかかったプレーオフで


それを昇格の見込みのないチーム同士の試合で披露した。

これで暴牌の呪いは砂のように崩れると思いたい。

せめて点取る術とか工夫したり練習しろよwワースト争いとかww
一応つっこんでおくと

「がまだす」

っていうのは懸命に+働くみたいなニュアンスでな

「がまだせ」っていうのは

一生懸命に働けって感じなんで応援のメッセージとしては?てな感じなんだけど

でも、意味なんかどうでもよくて熊本を応援していただけるだけでありがたいです。ハイ。

自分はとても郷土愛が強いです。自分の所属するものに対しての気持ちもとても強い。

熊本出身のJEFサポとしては巻誠一郎つうのは誇りでね。

エルゴラ買って職場で人目もはばからず涙が止まらんかった。


昔のBlogから知ってる人はピンとこないかもしれんけどw、自分はJEFの試合結果内容にとても真剣です。


なんで熊本の復帰戦がフクアリなんだよとね


だから今週の試合は見ない。スカパーでも見ない。

それおかしいだろ。。という人が多いと思うがこれは気持ちの問題なので。
昼間にジェフが岡山に負けて辛い週末となった。


ユーベを応援し始めてから15年くらいか。。。

いったいお幾らスカパーにささげただろうか。

最初はヒデトシ・ナカータを応援するつもりだった。ガイジン相手にバッタバッタと切りまくる日本人が見たかった。


今節はユーベはアウェーでアタランタ戦だった。

ほとんど勝敗に興味がわかないくらいにユーベが有利と見た。

アタランタ戦に昼の辛さをぶつけるのもナンダカ他の不良にいじめられた不良がカエルを2B弾で吹っ飛ばすようないやらしさを自分に感じたし、最近調子のよさそうな日本人を応援したい気分もアリで

サッスオーロ対ミランを先に見始めた。

開始10分でケイスケ・ホンダがキーパーとの1対1を2度外した。

(今日は見どころあるなあw)

しばらく見てるが、ユーベが気になる。。


試合が停滞しはじめたとこでアタランタ-ユーベに切り替える。

ぐはwユーベに点がはいっちょる。誰が入れたんだ。見たかったな。そのうちリプレイやんないかな

チャンネルをミランに戻すとサッスオーロが点入れてる。ミランが押してたのになあ。

見てるうちにだんだんとミランがダメダメになってくる。

こりゃー。ミラニスタもストレスたまるだろうなあ。。。

「またCLダメかよ!!」なんて

(いやあ。。わかるぞわかる。。数年越しの絶望な。)

試合自体が低調になってきたのでチャンネルをユーベに戻すと2点目が入っていた。

くそw



どうも俺がスーパーに買い物にいくとだな、並んだ方が鉄板で順番が遅い。

ほんとセンスない。なんかストレスが溜まってきた。。今日は本当に酷い。

ビールを飲んでたのが効いたか眠くなってきた。

気が付くと3時だった。ソファーの上で倒れていた。

またキツイ月曜日がくる。







待っているのは最高の週末だ

いや、まさにそのとおりw勝てばな


これはサッカーも賭け事も同じな。


負けはしたけど前シーズン終盤の閉塞感は無い。


1点差で追加タイム4分の時は、これは今日もいけるわww

と真面目に思った。

「金が無いからパチンコにいくしかない」

の口癖の過去の友人の成功体験について想像を巡らせる。


今年は良い精神状態の選手が多い気がする。



手倉森さん来てたのにアドはドジばっかだった。

次節は長澤先発でおねがいします


岡山2-1千葉
真っ暗な部屋の空間にピピピッという不快な音で意識が戻った。

「チッw目覚まし時計だ」

体のドコソコにまだアルコールが残ってる。
夢か、夢だった。

あだっちーと2人でちばぎんカップに行く夢を見てたのだ。苦笑い。昨晩過去のフクアリの写真を見てて撮った写真に写っていた。

そうだ。ナポリとの首位決戦だった。

布団を飛び起きた。

7連勝中のナポリを14連勝中のユベントスが勝ち点2で追いかけている。

試合終了間際のザザのゴールでユベントスが勝った。

4番手の評価のFWでゴールにも出場機会にも飢えていた。


しかし解せない。

あだっちーの件だ。

そんな夢を見るのが解せないのだ。

拙者はそのような破廉恥な狒々爺ではない。

恐らく目覚ましがアンナ時間に鳴らなければ夢の記憶には残らなかったであろう。

そう思うと深層心理の闇を見たような気がして気持ちが悪い。自己嫌悪に陥りながら部屋の中に夢魔の尻尾でも落ちてはいないかと朝からインスタントラーメンをすする。

だいたい、ちばぎんカップには行けない。

午後からオペラの練習が横浜である。

風が強いから早めに出かけようとしたが、あまりにも異常な風である。

行きは良いかもしれんが帰りが怖いので休む事にした。

13時からテレビでやるちばぎんカップを見る事にしたんだが
それは驚愕の内容であった。

プレシーズンマッチなのにゴール前で身体をはって守る選手達。

持てる技を見せてくる選手達。

これじゃ調整程度の状況のJ1のクラブにでも大勝するのもそりゃそうだ。

おいおい、前シーズンの終盤に「ねえ、それだともう終わっちゃうんだよ」と焦ってたのに。

これはザザと同じように出場機会に与えられたチャンスを掴もうとする飢えた気持ちがそうさせるのだ。

移籍金のかからなかった選手ばかりだという。

飢えてなければやれない。

ちなみにユベントスに来たポグバもピルロも移籍金はゼロだった。

本日のタイトルだが【その2】は無いと思う。多分。
昨日の長澤に続き

千葉 パラグアイ代表MFアランダ獲得へ

有能なるGM様、悪口いってすいませんでした

ごめんなさい

ごめんなさい

ごめんなさい



シーチケさっさと更新します
大本営発表

っていうとパチンカスが負けや投資金額を申告せずに払戻金だけを自慢するという現代の認識だが

語源は太平洋戦争中の新聞による日本軍の戦果発表の元である統帥機関の戦争末期の大本営発表である。

味方の軍の被害を報告せずに「駆逐艦2隻を轟沈」と戦果を書き立てた。


ところで記事を読む側は「また戦果だー!」と喜ぶ層もいたかもしれないし

「玉砕って。。全員死んで全滅したってことじゃないの?それは相手の勝ちじゃ?」と疑問もってた層もいたろう。

で、疑問をもった層だとしても、信じるしかないわけで。。もし戦争に負けたらアジアの他の国のように植民地にされるしかないと当時は考える。

映画「永遠の0」で「戦争が終わって日本が平和になったら。。」なんていうセリフは
現代人向けのデフォルメでござる。




【仙台】千葉からロンドン五輪世代のDF大岩獲得へ



もう生きのいい選手の流出が止まらない。

>大岩は183センチの体格と確かな技術を持つセンターバック

そうなんですよ。これからクラブを応援していく上で将来の宝の約束のような選手なんですよ。


パッとしないような場面を思い返す人もいるかもだが、マシなチームに入ったらメタクソに輝くよ。


選手にしたらJ1でプレーしたいし、もっと「上」を早く目指したいだろう。

サッカー選手が上でなく下を選択する場合はカルチョスキャンダルで降格したJUVENTUSの時みたく、次の年以上にクラブや未来に希望が持てる場合である。

次の年にあっさり昇格して一部リーグの強豪になれる。環境もいいと選手が判断するなら残留するのである。


さて大岩の答えはどうだろうね。


先日、中村のあいた左サイドの穴に阿部翔平(32)が加入するニュースに


いい選手だバンザイ

と手放しで喜べない。

今シーズンのストロングポイントの26歳が抜けて32歳の選手が入ってくるのにだ。



「新聞に戦果戦果って書いてあるけど、場所がどんどん日本本土に近づいてるじゃねえか」

そんな気分です。しょうじきなとこ。

前はJ2落ちたら世界の終わりみたく思ってたのにね




酒を飲みすぎて早朝目が覚めた

昨日は手巻き寿司をやってビール飲んでた。

スカパーをつけるとウディネーゼvsインテル

そこへニュース

【大宮】千葉のFWペチュニク、獲得へ!

ネイツは一人闘っていた選手。

はがゆい思いだろうなあと見ていた。。。

一人感情むき出しに戦っていた。
何の闘志も感じないチームの中にいて最終戦は試合後パウリーニョとともにピッチに倒れこんだ。

これは彼の国のサッカーの選手としての基本なのだろう。

柔道が礼に始まり礼に終わるといったような。



これで中村に続いてネイツもか。。。。

毎年マシな選手はJ1に移籍してしまい。見送りの旗を振る。


これじゃ昇格は無理ゲー


ネイツはオファーあるだろうなと思っていた。ここを刈られると旗艦沈没なんで、自分が中の人なら帰国時にある程度の交渉をすると思うんだが、どうだったのかね? 

移籍金が入るからいい? ネイツの移籍金は織り込み済みで獲得だから予定通り?

これじゃ降格時のラムちゃんでフザけてたときと変わらんよねw

このクラブの目的が

J1でタイトル争い→J1復帰→プレーオフ出場

とあっという間に変化していくさま。それでもシーチケの更新には列。。


ジェフはダメになりかけたとき、ホントにふんばれないクラブだと思う。



早稲田閥のGMさんよ。。ここ踏ん張りどこだぞ。

 世の中ナメんなよ


ご挨拶

>また1からスタートしていることに関しては、これにも原因があると思っております。

ここのとこの違和感。監督や選手はペットじゃない。
まさかサポブログをリサーチして喋った馬鹿市長の影響じゃなかろうなw

俺は巻の引退式の時はゴル裏で流れる涙をタオマフで拭いながらも、しかたないと納得させてきたが

それで現在は90分の散歩ショーを見せられてる。

これどう自分に言って聞かせたらいいかわからん

なんだか新しいGMが発表になったそうだ。

もう「ふーん」が正直なところ

ところでファビョ塚さんを継続するか否かは正直わからない。

もはやどう手を打ってもって気がする。やることが全部うまくいかなくなるんじゃないかナー。俺はやっぱ貧乏神かなと思ったり

なんかサッカーの理論とかなんとじゃなくて呪術師にでも見てもらったほうがいいかもしれん。と真面目に思ってる。


プロフィール

さざえさん

Author:さざえさん
こちらに引っ越してきました。

昔のブログの記事もそのうち公開していきます

Blackjack

スクリプトと対戦できるブラックジャックです。


Hit Stand


0

0



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR