どうなるか予測のつかない試合だったが、前半終了時点で

これはもしかすると勝てるな


と思った。

世間では「ブッフォンにCLのタイトルを」という風潮であったが

これをジダンがどう思ったのか。 ニガニガしいに決まっとる。

俺なんかは凄く長い間Juveを応援していると思っている人がいるかもだが、ジダンは居なかった。

キッカケが中田英寿のセリエAとやらを見たいだったので、ジダンを売った金でブッフォン、ネドベド、テュラムらを獲得した年だった。

それから何度かジダンのいるレアルマドリーとも対戦しているが、ユベントスの全勝である。

JUVEのヒーロー、ネドベドやブッフォンはジダンの数分の1だったのであるが、賞賛されるのは同じポジションに近いネドベド。

ネドベドは鬼神であった。

ユベントスが好きになったのもネドベドがきっかけでござる。

手を抜かずに最高を尽くす。男の仕事はこれである。

だからゴミパワポと舌先三寸で仕事する現代のシステム屋が大嫌い。


もともと子供のころから高校サッカー中心に観戦するのは好きだったが、ネドベドのプレーの虜になった。

そしてそのネドベドのプレースタイルはユベントスの象徴。もうサッカーよりユベントスのフアンとなった。

現役のジダンはどう思っていたのだろう。

面白いわけがない。数分の1の各選手が全て活躍して、自分はおヒキである。

ジダン最後のプレーとなったマテラッティへのヘッドバッドはそういったイタリアへのイライラも籠っていたと思う。

もし、今日マドリーの監督として負けたらまた引き立て役である。


前半終了してJuveのペースだったのを立て直した。

ディバラに仕事をさせず、ボデイコンタクトでピアニッチやマンジュキッチを潰し、1枚出ていたクアドラードにボディコンタクトのないところでラモスの演技で退場に追いやった。

したたかなはずのユベントスは翻弄された。

ジダンのワールドカップの無念は晴らされた。

前半のマンジュキッチのオーバーヘッドはあのトレセゲのレアルマドリー戦の悪夢を思い出したであろう

ピアニッチ、ディバラを下げた時点で勝負アリ。


ブッフォンは「またしても悲劇のヒーロー」となるのだが、ジダンにしてみりゃ「冗談じゃない」のである。

杉山なんかが見立てていた安っぽい戦いではないのである。
スポンサーサイト
昨日はおそらく1年のウチでも稀にみる幸せな気分で過ごした一日であっただろう。

ユーベがカンプノウで1発しか枠内シュートを打たせず完封して勝ち抜け。

観れるニュースは全部見た。


チャンピオンズリーグハイライトでは岡崎香川中心に話が進もうとも、放心状態の鈴木良平に「レフリーがバルサの味方しなかった。解せん」と暴言を吐こうとも

良きかな

と笑って過ごせた。

俺の高校時代の先生が
「今送っている楽しい毎日が社会人になったら年に1回くらいになる」
と言っていたがその日であっただろう。

とはいえ海サカファンとは寂しいものだ

>マテューのお粗末なプレーが敗因
>発見出来なかった《ガン細胞》が見つかって

こういうことを言うやつが常にいる。
マテューだが、高さパワーで負ける陣容だったので高い選手を起用するのはアリだし、実際3点目はマークしていてもキエッリーニにねじこまれたじゃないか。

上手くいかなかった選手を追放していたらボヌッチは今いないぞ。

成功した選手だけ集めて勝ったって面白くないだろ。TVゲームかよって

世の人は海サカファンをこういうものだと見ているので贔屓のクラブが勝ったからと言って人前では喜べない。

孤独な趣味である。

イグアインの移籍で発狂したナポリのティフォージは「裏切り者」イグアインを許さないぞなんていうオッカナイ雰囲気のあまり

ついに行政が動きナポリティフォージは入場禁止なんてことになったユベントススタジアム。

そんな大一番の緊張を感じながら昨夜の日本シリーズを見ていたんで、日本ハムの優勝に拍手した大勢のカープファンには驚かされた。

1-1から決勝ゴールを決めたイグアインだったが
ゴールパフォーマンスみたいなことはしなかった。

両手を下に「静まれい」とやっただけだった。


今日は秋の天皇賞。

天皇賞の日に日本シリーズがすでに終わってるってのもなんとも寂しいもんですなあ




塩の入った羊羹や饅頭は好まれているようだが、自分はどうも好きになれない。

桜餅に塩の塊みたいなんがあるとグェーッ!ってな気分である。

とはいえ本当の隠し味で使っているものを旨いと言ってくってるんだろうなあ

クアドラードって選手が監督では好みがわかれるらしいみたいなことを今朝言ってた。


テクニックや創造性、スピードは非凡なんだが規律を重んじる監督は好まないんだと。

それでイングランドでは居場所なかったんだろうか。

ところがユベントスのアレグリという規律にウルサイおっさんは、どんなにアタマにきても重用。

時間稼ぎの場面で打って出たときも試合中発狂して抗議してたし、ヘソまげて練習帰ってメンバー外に外してもやっぱ重用。

ユーベの中のひとつまみの塩なんだが、今日は圧倒的アウェイの劣勢、一人少ない中、交代に応えた。


リヨン0-1ユベントス

リヨンの選手の悪夢はブッフォンなんですよ。どんなチャンスも幸運もPKも全部ダメでした。

ヨーロッパでやるナイターのサッカーは日本では真夜中ばかりである。

CL期間中は早めに寝て起きて観たりしてる。

一人、真夜中に凄まじいテンションで盛り上がってるのだが、何事にも代えがたい素敵な時間。

ドイツ対イタリアは土曜の深夜なので

ビール飲みながら観戦できる。。僥倖。。これは僥倖!!

ビールとツマミを買い込んで、信じがたい奇跡の晩餐会である。



目覚ましの鳴る1分前に起きた。


嬉しさで涙が出るのをこらえながらTVモニターをセットして冷蔵庫へ


最近のユベントスへの派手な選手加入ニュースは来年のCLへの期待感が高まる中、正直EUROは早めに終えて休みに入らないかなと映像を見ながら思う。

俺が応援するのはアズーリだ


試合直後にドイツの選手が筋肉系のトラブルっぽいアクシデントで交代する。

キエッリーニとの接触だが、このパンクした選手がユベントスのケディラなのだ!!


早速晩餐会が微妙な感じになったw

さてこの晩餐会は90分で決着つかず、延長の末PK戦になった。

最後はネタ満載なんだが、ザザが気の毒過ぎて記事省略。

ここを勝ったドイツでも次はおそらく難敵


さて、この試合を盛り上げてくれたのは解説の都並。

点の入らない一見膠着した試合だったが、両チームの守備戦術とその成功状況を伝えていて、これなら熊本の俺の母親が見ても面白いと言うと思うぞ。
民放のクラブワールドカップでは散々バカにされてたが、あれは日テレからのリクエストではなかったのか?w




EUROの観客席の映像を見ると思うが、代表の試合を見に来てる人はまともな感じの人が多い。

セリエAで見る、ロクデナシっぽいのはいないねw
これユーベファンの俺から見るとね

BBC対モラタ。でコタエられんのですわ。

モラタって身長あるけど、高さやパワーで戦うとイタリアの3バックの思うつぼだったりするんで

前半終わってからデルボスケがモラタを3TOPの左に置いて

モラタはボール運べ

とメッセージを入れたんだが、そもそもスペインはうまくパスを繋げてないので、ホントはパス繋げたいので

いろいろ上手くいかなくて

結局モラタ下げちゃった。

とにかく攻撃のタレント的にヨソの国とは2枚も3枚も落ちるイタリアがベルギーやスペイン相手に2-0にしちゃうのが信じられん

エデルだのペッレだのがこんなに見せ場あるとはねえ。


一番の見せ場作ったのは2点目のゴール決まってベンチの天井によじ登ったゴリさんだったけど




イタリア2-0スペイン


地震だ。山口にボコられたとかでうだうだしていたらセリエAを2試合くらい見逃していた。


ついにナポリが力尽きユーベが優勝した情報を得たのはフェースブックだった。


正直、シーズン開始当初はピルロやテベスの穴を、また死んだ子供の年を数えるようにネドベドの幽霊をクラシッチに追いかけたようなシーズンになるのではないかと覚悟していたが

何の感動もなく優勝してしまった。

これはありがたい。スカパーの高いサッカーセットを解約できる。

解約の理由は「見たい番組が終了したから」だ

ユーベの敗退したCLなんかケッタクソ悪くて見てられるかって。

今年こそCLの決勝はクラシコになってくれるかと思ったが再びUEFAの夢かなわず。

来年も怪しい組み合わせだらけになるんだと気分が悪い。

さて絶望的なシーズンスタートを迎えた我がJEFユナイテッドだが

終わってみればこのような感動のない優勝になることを願ってるよw

[CL]ユーベ野戦病院…マルキージオとディバラのバイエルン戦欠場を発表


うっはw なんてこったい

ディバラの存在は勝つる一縷の望みで

後半残り10分で1-0の負けならひっくりかえせる


なんてプランを俺は描いてたのだ。

マンジュキッチもダメくさいが、彼はメンタル的に負けないのでなんとか。。と思う

マルキージオ無しで圧倒的に押される90分でどう呼吸していくのか。。




いやあw バイエルン強いなあ

バルサやマドリーも強いけど、なんか土属性とか火属性には弱点ありそうな感じあんだけど

もう全属性無効の絶望。

守備強いなんていうユーベも左右に振られ、パスカットされまくってユベントススタジアムで強さを発揮できず

これでバイエルンはアウェーゴール2点とって絶大な強いドラゴンに乗ってホームで戦うんだもん

いやになるよ。


ホームなのに2点先制され、ホラ鈴木啓太の言うとおりだ!と泣いていたら

ボロ殴られされた後に薄笑いを浮かべるあしたのジョーみたく2点取り返した

こういうのってスポーツ観戦で一番面白いよな


それでもかなり無理してたんであろう、マルキージオは故障発生。。お大事に



 ユベントス2-2バイエルン


本日の力の差以上に萎えたシーン

線審の目の前でタッチラインあきらかに割っていてプレー続行。。。。

不利な判定云々ではなく歓迎されてないのか?やっぱUEFAにw

JUVEの連勝は15でSTOP

止めたのはボローニャ。スコアレスドロー(しかもユーベの枠内シュート0)だが面白い試合であった。


先日スカパーで「サッカーおやじ会」なる対談番組があって

居酒屋のオヤジ八塚に金田都並というオヤジに混ざり

浦和の男で終わった鈴木啓太が出てた。

対談番組なんだが本音は番組宣伝なんで、このメンツでも(?)チャンピオンズリーグの展望となるわけだ

番組の面白さを主張するには「これは解らない、面白い」といった方が良いと指示されるのであろうが

ユベントスVSバイエルンを

鈴木啓太はキッパリと「下手すると大量得点差になる」と指摘。

金田さんもバイエルン圧倒的有利を言っていた。

たしかにサッカーは何が起こるかわからん上にCLのノックアウトステージといえば去年のレアルマドリーの事もあるので

世間では難解なる竜虎の闘いといったような云われ方をしているが、やはり現実は厳しそうだ。

イタリア勢のローマにも言及していたが「弱者のサッカーを割り切ってすれば結果はわからなくなる」とも


ボローニャにはその割り切りサッカーをやられた。

これは亀の子のように引いて守るだけではだめで、カウンターに意欲のある(フリかもしれん)ところをたびたび見せれば

強い相手もリスクマネジメントに脳の何パーセントがいくので創造性部分を食ってしまう。


前半にデストロの「僕は実は超絶ですw」なシュートを見せられて勢いがそがれた。
一時はハズレクジ呼ばわれされたデストロがドナドーニの元で輝いた

去年、JEFがセレッソをホームで戦って4-4で勝てなかった試合がある。あの時にフォルランの普通じゃ見れないシュート、(これはゴールになったわけだが)を見て

ピッチの選手がぐはっwときたのを思い出した。


「面白い試合だった」のはこれをバイエルンと戦うユーベとボローニャが被って見てたのだ


まあチャンピオンズリーグは仕方ないにしろ、リーグ戦がこれでやばくなったw

今節のミランに対ナポリ戦、頑張ってもらわな
プロフィール

さざえさん

Author:さざえさん
こちらに引っ越してきました。

昔のブログの記事もそのうち公開していきます

Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR