Twitterで演奏会の情報を送ってくる「アマービレ」つうアカウントがあって

モーツアルトの「オーボエ協奏曲」をやるんだと知った。

独奏者に金子亜未とある。

おお、知ってるぞ
4年くらい前にインゴ・ゴリツキのマスタークラスを聴きに行った時の小さい学生サンだ。

どこだろう?

行徳管弦楽団て書いてある。。。ん?行徳って東西線のアソコか?

ところで、8月13日って月曜日。

そんな日にアマオケのコンサートやるんかな?ウソ臭いな。

間違いじゃねえかな

半信半疑で仕事を早上りして行徳にいった。

駅から歩く途中で気がついた。。。。。お、ここは来たことあるぞ。

その時もベートーベンの1番だったような。

ホール入口でパンフレットを手渡されて、安心する。やっぱり今日なのかコンサート。


プログラムは

ハイドン 交響曲41番

モーツアルト オーボエ協奏曲

ベートーベン 交響曲1番

ベートーベン レオノーレ第3番

プログラムがあまりにも魅力的である。

最近、アマオケのコンサートのプログラムを見ると
管楽器の「ノリ番」の為に構成されたんじゃねえかと思うくらい暑苦しいのが多い。

このプログラムだけを見ても真面目に音楽やってそうな団体と思った。

アンケートがプログラムに挟んである。

プログラムの印刷の地味さもあるが設問からして、客層は父兄、知人を想定してるようだ。

ところが演奏はとても本格的。

行徳小学校てとこの管弦楽団の卒業生らしいが

これアマったって、本格的に勉強してる人たちだよね多分。

最近聴きに行くコンサートは
アマオケったって室内楽志向の結構上手い真面目なトコばっかなんだけど

今日のコレはがあまりにも「本物」くさい。

鳴ってる音に違う音が答える様子が。これぞアンサンブルという感じ。

コンチェルトの曲はよく演奏される曲だが、生で聴くと興奮する。とてもいいモーツアルト。

学生の時から器用で上手だったソリストだが、羽が生えたエリカ・フォンティーヌようなオーラを放っている。

オリンピックのアスリート見ても思うんだが、俺が鼻ほじってめし食ってクソ垂れてゲリのように時間を垂れ流している間に努力して進化している若者に驚嘆する。
俺の若い頃?競馬とパチンコやって酔っぱらってゲラゲラ笑ってたよ。

ソロの素晴らしさは演奏者のスキルからして当然なくらいなんだろうけど
(今年から札幌交響楽団の首席奏者なんだそうな)

オーケストラが自信たっぷりによく鳴っている。

アマオケでよくコンチェルトやるのを聴くけど
「おまえら、それで何やりたいんすか」と思うことがある。

このコンチェルトは(なんでアマオケでコンチェルトやりたがるんだろう)
という俺の疑問への回答。



これ、タダです。

Twitterで回ってこなかったら知ることができなかった。

もしかしたら、あまり広めたくないのかも知れない。

いろんな人来ると面倒なキチガイが来たりするのかな。

お盆の平日の秘密な演奏会だった。

これを嗅ぎつけるのは大変だぞ。
スポンサーサイト
プロフィール

さざえさん

Author:さざえさん
こちらに引っ越してきました。

昔のブログの記事もそのうち公開していきます

Blackjack

スクリプトと対戦できるブラックジャックです。


Hit Stand


0

0



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR