子供の頃、よくウチにお歳暮だのお中元だのが来たが、カルピスや缶詰の詰合せが多かったな。

カルピスは何本か入ってるけど、一本だけ色の違う「オレンジ」のカルピスとかに子供心にも付加価値を感じてしまって、いまだにアレは神の領域である。

今みたくセブンイレブン行けば和菓子スイーツ大吟醸酒が手に入る時代とは違う。

箱を開ける時のドキドキ感は、現代におけるオンゲガチャの比ではない。
バスタオルやワイシャツが出て来た日には悲鳴を上げたもんだ。

ある日、箱が軽いので期待せずに開けたら缶入りの紅茶セット。

今とは違う。コーヒーといえば何の疑いもなくネスカフェだった時代でCMでやるゴールドブレンドのあのでかい粒はコーヒーを砕いたものだと思ってた頃だ。

輸入品と思われる缶。アルファベットで何か書いてあるが、カタカナ名のタグがとってつけたように貼ってある。

「ダージリン」
「プリンスオブウェールズ」
「イングリッシュレックファースト」

こら凄かなw

この時代のカタカナへの憧れはヤングのみんなにはわかるまい。

特に「プリンスオブウェールズ」子供の知ってる知識では
イギリスの戦艦の名前だ。
日本軍がマレー沖で沈めた敵艦の名前だが、なんとも言えないリスペクト感がある。


何度も言うが、俺は軍事オタクじゃない。昔の少年は軍記ものを普通に読んでいた。
今じゃ、日本が第二次世界大戦でイギリスやオランダと交戦した事を意図的に隠してるとしか思えないくらい知らない人が多い。
史実を並べると都合の悪い人がいるのか。
日本は騙し打ちでアメリカに戦争を仕掛け、中国人の腹を割き人体実験を行い、朝鮮人を性奴隷にしてアメリカが正義の原爆投下をしたと?

起こった事を淡々と並べていく事をさせないかのごとく、軍記物が消えていった。

話がヨレた。
紅茶こし器でサーッと広がる茶色にはあり得ない程の有難さ。味なんかどうでも良い。
未知の世界を感じた。

先日、銀次郎ていう幕張のプレナの中の果物屋に置いてあった。
プリンスオブウェールズ。

老夫婦が買い物をしてたが、そのご主人が缶を手に取り
「これ、買おう」

キット同じような思い出があるのかな?

と俺も同じ缶を手に握ってた。お使いや冷麦と一緒に買った。
スポンサーサイト
もう随分前だが、友人のカミさんが子供を連れてゴレンジャーみたいな戦隊ショーに行った。

タダなんだけど船橋オートレース場。

無料のファン送迎バスに乗ったらしいが、ギャンブル場にいくヒヒヒおやじがイヒイヒ言いながら子供に触ってきて大変ショックを受けていた。

ギャンブル場行ったコトない人がオートなんていういきなり上級者向けの場所に行ったんだから、まあ想像はつく。


ギャンブル場の世捨人達もなにも脅かそうと思ったんじゃなくて子供が可愛かったんだよ。



最近は外出すると人様の子供に目がいく。
デコっ八のおでこの三歳児くらいがいると可愛くて仕方ない。

先日の、大阪の親子が餓死したニュース「最後においしいものを食べさせてあげられなくてごめんね」というメモが見つかったニュース。これが悲しくて耐えられない。

DV男から逃亡して隠れて住んでたらしい。

冬にガス電気が止まってたらしい。
亡くなったのは2月なんだって。

人が「ディズニーのハピネス」なんてはしゃいでる時に寒くて震えてる子供がいたんだ。

悔しがったって仕方が無いが涙が出てくる。

他の事件もあったんだけどさ、DV男ってなんとかならんのか。

なんとかならんのはわかるが、この事件、なんとかならんかったのか。

どうこういっても仕方ないんだろうけど。
せめてここにはきださせてくれ。
ジャパネットの、たかた社長

ハーフタイム中にVファーレン長崎のスタジアムに応援にくるように呼びかけていた。

この人に言われると「そのとおり」だと思ってしまう。

不思議な力の持ち主である。

アゥェーは「スカパーで」なんて言い出すもんだから、てっきりチューナーの販売でも始めるのかと思ったぞ。

「これでよく見えます」
なんてタブレット出した時は、昼飯のカレーを吹いてしまったわ。

今朝、Facebook見てたら友人が「いいね!」してる記事があって内容を見ると
「ディズニーランドで8年働いたバイトが辞める話」が載ってて

「ハピネスを貰った」のなんだの書いてあった。

なんか凄いな。ハピネス貰うていうの。

急に今まで知らなかった価値観を知らない自分にアセっちゃったよw

いっとき流行った、コンピュータの人夫貸しが「ソリューション」と連呼してたのを思い出したぞw

イカにもシステムやらコンピュータやら業務に疎い人が使いたがる印象なんだけどな。ソリューションw

オフサイドくさかったけど谷澤のゴールが決まった時は、昨日の今日で

「なんたるハピネスw」

と思ったんだが、世の中ソンナに甘くないな。
カレー吹く迄でハピネス終了ですわ。

俺みたいなイケてない人生の中で「ハピネス」なんて聞いたのは競馬にいた「ハピネスママ」くらいだし。

ジェフもよくやったと思うんだ。この試合に関しては。

リードをとった時の態度として悠然と慌てず時間をかけて前半を終了させたからな。

名将とよく走る選手の長崎には勝てんな。強いよ長崎。

長崎はサッカー好きな人が多いからアッと言う間に強くなるかもしれいな。

やる人が多いんだよな。長崎。

俺みたくTVの画面に向かって
「気持ちを見せろ!」
とかホットドッグ片手にポエム言ってるデブとはワケが違うからな。

結局タイトルは意味がわからんママ終了。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

明日は東京競馬場で日本ダービーでござる。

ダービーは強いだけじゃなくて、デビューして半年くらいの間で出走権を取得しなきゃならない。
強運すら持ってないと出れないから、天皇賞や有馬記念に比べてもっとお祭りなんだ。

明日出走の18の馬番枠を掴んだのは脚力走力だけではなく強運もいる。

古馬と違ってトライアルのレースを順調に勝っての出走権ではない。

そんな事は競馬を知ればすぐわかるのに競馬中継で鈴木淑子アナに「ここにいるのが最強の馬じゃ無い」なんて知ったかぶりしていた大橋巨泉の事が未だに忘れられない。

京王線の電車に乗ると過去のレースシーンなんかが出て来てついつい見いっちゃう。

競馬に行ってた頃もダービーだけは生で見てない。
人が多いからな。

前のブログをコッチに引っ越しして過去記事持って来たいがエラーになるので、カテゴリー【名馬物語】だけでもコピペして持ってこようと思ってる。

俺はこの【名馬物語】てのが大好きで、画像も残ってないような古い時代の馬の話が好きだった。

【名馬物語】に興味を持ったのが東京競馬場にある銅像のトキノミノル。

何時も友人と競馬場に出かける時は
「今日は大勝ちして東京競馬場の金を全て吸い上げ、足りない分はトキノミノルの銅像を細谷に入れて俺の払い出しをさせる」なんて豪語してた。

因みに細谷とは府中にあった質屋で俺たち一堂みんな世話になっていたw

自称馬券の神様の友人の剣道の防具が飾ってあったりしたもんだ。


そのトキノミノル。

白黒の写真しかない。

今みたいにインターネットで何でも手に入る時代じゃないから、日本中央競馬会のPRセンターに通って希少な本を読んだ。

10戦10勝でダービーを勝ってその後、破傷風を患い、誰もがその強さに溜息をついた馬が寂しく死んで行くのを想像するとたまらなくなる。

これで名馬物語に興味をもった。

暇さえあればPRセンターに通い、山野浩一の血統本なんかを読んだ。

2万くらい出して「日本の種牡馬録」を買った日には興奮して朝まで眠れず、深夜喫茶で一人朝まで読んだw



今日はオケの練習あったんだけど、馬券買ってきた。明日のダービー。

もう、サッパリ騎手の評価がわからんね。

武豊は偉大な騎手だけどさ、今はどうなんだろうね。
俺の知ってる引退前の加賀や郷原みたいな元偉い騎手だったりするのかね。

ホントは違うこと書くつもりだったんだけど、はなしが大ヨレしたのでボチボチ終りにするかなw
トルコライスていう食べ物が長崎でしか知名度が無いという認識だった。

最初はトルコライスってある喫茶店の限定メニューかと思ってた。

10代の終わり頃、長崎(諫早)に住んだ。

諫早の駅前にユートピアていう怪しい深夜喫茶があった。

店内には何台かTVゲームがあったけど、金かけるやつは無かったんじゃないかな。

リアル麻雀とロードランナーくらいか。

深夜中、TVゲームのヤレる喫茶店ていうだけで怪しい感じがするのに(当時)、トイレが全面ガラス張

「あれはマジックミラーだ」なんていう人もいたが、他人の糞たれるのを覗く為に金かけるアホもいないだろうと思っていた。

ここのメニューだった。

「トルコライス」

なんだろう?

大盛のチャーハン、ナポリタン、トンカツにカレー。

今のように「ラーメン二郎に行く」というような、食事に競技性や精神性が持ち込まれる前である。

味も良かった。

後でトルコライスというのは長崎だけのメニューだと知って(ふうん)なんて思っていた。

次節、ジェフは長崎のアゥェー戦なので

ああ、たくさんジェフサポが、いくのか。名物は?

カステラか?いや、今はセブンイレブンで死ぬ程美味いカステラ食える時代だしな。

そうだ、トルコライスがオススメだ。

と思って、実際にトルコライスの事を調べようとwiki開いた。
なんと、そこにはトルコライス発祥がユートピアという説もあるではないかw

そうか、他県から来たから
「長崎独自メニュー」だと思ってたけど、他店で見たことなかったよな。トルコライス。

wiki曰く、トルコライスの名前の由来が、ユートピアの実家がトルコ風呂を経営してたからなんだと書いてあったが、あの喫茶店の怪しさはそういことだったのかw


あのメニューでどうやって儲けるんだという議論をした事あるが、
トルコ風呂屋のセガレの道楽商売だったのかもな。
残り時間が少なくなって青木良太が出てきた。

最後のパワープレーに蓋をするためだ。

も、ホント最後の最後まで気が気じゃない。

笛の音は聞こえなかったけど、選手の動きで試合終了を知る。


勝った。

サッカーは1-0が最高に気持ちのいい勝ちで、負けるとこの点差は腹が立つことこの上ない。

その負けた瞬間に松本山雅コールである。

いや、凄い応援だった。

あれじゃ、選手は力出すよな。

アウェーで戦績がよいのも相手が「あれっ?」てなるんだろうと思うよ。


谷澤劇場に沸くフクアリだったけど、恐ろしいな松本山雅と思った。



谷澤が点取ればそりゃ、盛り上がる。。。最高なんだけど

前半の勇人のミドル決まってたら、また違う盛り上がりだったんだろうな。


最近は調子があまりよくなさそうだけど、得点でもしてキッカケをつかんで欲しいよ。


気のせいか遠慮してるように見えるんだよな。

ま、キッカケは次回のお楽しみでもいいや。




なんか今日、上がり続けた株価が落ちたとか言ってマスコミがズイブンはしゃいでたな。

愚か者だな

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

何年か前に品川のインターシティで仕事をしていた。

品川なんてとこはあまり縁がないところだったけど、塩崎利雄の小説で

品川なんかにくすぶっている

なんていうくだりがでてきてたりして、競馬のノミ屋だとか小博打好きのチンピラみたいなイメージがあって

あまりのギャップに愕然としたことがある。

まあ、塩崎利雄の小説なんかは時代劇なんだろう。そう思っていた。

仕事が毎日早く終わるので少し散歩していたら古い元飲み屋と思われる建物があった。

品川その2

品川と田町の中間地点ではあるが、なかなかの雰囲気がある。

看板が出てるので近くに行くと

品川その1

これだ。。想像していたとおり。

塩崎は馬券は下手だったが、物書きとしては一流だったんだろうなあ。


まだやってるみたいだ。ホルモン屋。

寄ってみたいがホルモンは苦手だw


あっちこち張り紙がしてあって、もうすぐ取り壊すらしい。

今日くらい肉類が苦手なのが残念だったことはない

テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

時々オペラの練習が平日の夜にある。

そんな日は朝の通勤ラッシュに楽器と譜面台抱えて大変なんだw

先日の山手線&京浜東北線運転見合わせ祭りの日がその練習日でヒイヒイ言わされた。

この平日練習のある日の朝は憂鬱なんだけど、いざ練習が始まるとトテモ楽しい。

昼間の金銭を得る為の生活から、好きな時間に移行する素晴らしい瞬間。

。。。はいいんだけど、練習終わると翌日は金銭を得る為の早起きをしなければならん。
それが高井戸なんていう遠いところから家に帰ると0時近くになるでありんす。

オーケストラの団員の多くは同じ電車に乗って帰ることになる。

そこで「あれっ」て思ったんだ。

コントラバスの人が楽器持って電車に乗ってる。

普通は車でくるんだ。
コントラバス。デカいからな。

それに見かけない人だった。

モーツァルトの小さな編成のオペラなんで、そんなにエキストラはいらないはずだが、もしかしていつものコントラバスの人が居なかったので練習の為のエキストラだったんかもしれない。

かなり歳いったオジ様だったので、もう定年した人なのかもしれない。

すかさず話しかけた。

「コントラバスを持って帰るんですか?」

よく昔から
「コントラバスは二人分の運賃を払わなければならない」
と言われている。

その真偽について確かめたかった。

イキナリそんな話を持ちかけたので、オジ様は笑いながら
「昔の話だよ」
という。
今は貨物切符なんつうのがあって一律260円だと言ってた。

初対面で名乗りもせずに、変な話を振ったかな?と思いつつ、
「チンピラに絡まれたりとかしないんですか?」
とアホな事を聞いてたけど、恐らく移動中にそんな面倒な質問もよくされるんだろうな。
朝のステマ番組ニュースでやってたけど

ロッテリアがラーメンのハンバーガーをやるらしい。

映像でみるからに干からびた麺と、さほど熱くないと思われるスープが付いてる。

幸楽行けば300円でラーメン食べれるのにワザワザ高い銭払ってなんでミイラ食わないかんのかと思うが

「またかw」なんだ。

前のBlogでも書いたけど、大昔にロッテリアがやった「和風バーガー事件」思い出した。

何種類かの和風バーガーを売り出したのはいいが、不味くて気持ち悪い。

パティの上にすき焼き風味のネバネバした液体とでかいネギが乗ってて、噛み付くとネバーっと糸を引く。

ロッテリア側は「客が味を知らないから浸透しない」と考えたか、ハンバーガー1個買ったら削りクジで簡単に10個当たるキャンペーンを始めた。

当時、新人で残業食をロッテリアで食べ、ハンバーガー10個当てて意気揚々と同僚へ「差し入れ」を持って行った所、みんな持って帰ってて、そのあまりの不味さなに「誰か処分しろよ!この物体を」
なんてキレてるオッサンがいた。

セリフだけ聞いてると「遊星からの物体X」。

味見したり、反対したりする奴は会社ん中に居なかったんかね。
と素朴な疑問がわいたんだった。

この会社、味見しないと思われるのが他にもあって

「イタリアンホット」というメニューを復刻させた時の事。
俺、好きだったからな。イタリアンホット。

チーズとピーマンとトマトとハムをプレスして焼いたやつ。

これを復刻させたのはいいが、パンがデカくて水分が飛んでない。
べちょべちょのチーズトースト。

効率化の為に品質を下げてたのかな?と最初思ったけど、いくらなんでもこれは味見もしてない。

不完全なレシピから作られた出来損ないがそのまま出てた気がするんだが。

ラーメンハンバーガーなんて発想はインテリさんがかんがえたのかな?
赤塚不二夫のギャグにしか思えないんだけど。
船橋つうところは、飲み屋だの焼き鳥屋だのがあってとっても魅力的な町。

ここで練習やるアマオケがあればなと、常々思ってる。

京成線に乗り換えるのでちょうどお昼時だったので回転寿司屋に立ち寄った。

1皿100円じゃなくて135円~らしい。

回転寿司屋は禁煙なのがよい。


船橋のトホホな回転寿司

ところが、これが大ハズレ

カウンター席が狭い。

時々、回転寿司屋のカウンターでは、箸だのガリだのを取るのに「ごめんなすって」と隣人に気兼ねすることがあるが、通されたのがカドバンの1席。

左の気の荒そうなオヤジがビールを頼んで、ドンとビール瓶をこちらに置く。

ビールは右手で注ぐんで右側に置く。。それだけならばいいが、ワサビの桶をとって、それもこちらに置く。


カウンター席は隣人をハズすと地獄だ。

さらに右側のオヤジだが、こちらは2人連れで話が盛り上がっている。

ソイツはツレと喋りながら食べてるんだが、

咀嚼するときに右手に持った箸をチョイチョイと左側に突き出す癖があるようで、

それをボクサーのディフェンスのごとくヒョイヒョイよける。

明日のジョー初回TV版のエンディングの力石のニヒルな笑いを思い出した。

完全に俺の領地は無い。。


寿司の中じゃ海老が好きなんだけど、この混雑の中、流れていた寿司はゴハンがカッチカチだった。

電光石火で帰ることにした。

まあ、昔は多かったんだよ、干からびた寿司回ってる回転寿司。


おわり。

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

「アンタ、温泉温泉って何なん?テレビ東京ばっかり見てワイてるの?」

なんて思う人もいるだろうな。

これは子供の頃のある事件が原因でちょっとした温泉地コンプレックスみたいなんがある。

今でこそ連休に海外行ったりするんは珍しくない。
おそらく俺の住んでるマンションじゃ赤ン坊も含めて、俺とウチの子供くらいだろう。海外にいったことないの。

俺の子供時代、友達が親に温泉連れて行ってもらったりしてるのが羨ましかった。

川沿いや山奥の景色のペナントが飾ってあるのを見ては想像だけを膨らませていた。

俺んちは裕福だったんだけど、親父が家族となんかする人じゃなかった。

親父は酒を外で飲み歩き、家にいる時は知らないオッサンがたくさん来て大声で酒を飲んだり、麻雀やってた。
食事したドンブリを灰皿にしながらタバコ吸ってた。

来客の客人はロクでもないのばかり。
パジャマ姿の俺を見つけて
「チンポのデカかなあ。こらまだ太くなるばい」
とか気色の悪い言葉を言う。

そんな親父の友人と一緒に温泉に旅行に連れていってもらえる事になった。小学5年生の時だ。


露天風呂があるんだという。

湯煙の中の温泉。漫画で読むようなジャングル風呂。

海の近くだと言う。

じゃあ、海辺でウニをとったりできるかな?
亀がいるかな?

期待を膨らませて行った場所は、二階建ての民宿。
それぞれの部屋の前に駐車場みたいなスペースがあって、これが露天風呂。

ドリフの「もしものコーナー」じゃねえぞって。

風呂に入ろうとしたが、二階で麻雀する親父達がゲラゲラ笑って見てたのでやめた。

だいいち、風呂ったって家庭用の風呂くらいの大きさで。

海は凄く遠い所に風景として見えるが、ただし、漁港である。

幼少の頃にいた山鹿温泉の銭湯みたいな風呂じゃない。

だいいち、風呂って白いんだろ?

中学の修学旅行が別府温泉だったが、嬉しくてダシがでるくらい風呂に浸かってた。
だが、女子の風呂を覗いた奴として自分の名前が上がっていた。
「この3人は確実」とかいってw

アウェー観戦セットの草津温泉の民宿に一人で行くのを「サビシーw」と職場のクソが笑ってたけど。

ウチはカミさんと娘二人でどうせ風呂は一人で入るし、同じなんだよ。
帰宅中の電車で書いとります。

今日は朝夕、山の手線が遅れて酷い目にあったよ。

夜にオペラの練習だったんで、楽器持ってたんだ。

もうヒイヒイ言った。

なんか橋下発言を大袈裟に騒いでるけど、これを叩いてる右や左の人達の話が見事に噛み合ってない。

マスコミは「慰安婦」の話が大好きなんで、暫くこの件から退かないだろうけどさ、

これって「米軍のクソッタレは強姦してばっか居ねえで金払ってトルコ風呂でもいって来い」
だけなんだろ?

早く寝たいわ。
時々、なんで俺にばかりそんな不幸が降りかかるのかと嘆きたくなることがある。

例えば、電車で吊革につかまってると、アバタ顔のオヤジが汗ダラダラ流して隣に来たり

街中でヘンテコな見たことも無いヌイグルミの着ぐるみが寄って来たり。

一度や二度じゃない。

いや、お前だけじゃねえだろw
なんてツッコミが入りそうだが、

ならば

汗だくの首の後ろからダラダラ汗流したやつは何故アバタ顏のオヤジなんだ?

少年でもお婆さんでもよかろうがアバタ顏のオヤジなんだ。


歳をくったせいか、何事もナニカのせいにしたがるのかもしんない。

今日は立ってられないくらい眠くてどうしても電車で座って帰りたかった。


電車を二本過ごして座った。

電車が出発する時間に吊革に女性がいる。

お腹が少し出ている。

妊婦さんかな?

ただお腹が出てるだけだったらどうしょう。

一分前くらいに隣に座った重役サラリーマン風はもう寝てるwww

「どうぞ」なんて薔薇を一輪差し出すツラでもないので、アッと
思い立った振りをして車両を降りた。

座った女性は両手でお腹を抑えていた。

よかった。妊婦さんだったw


思いどおりには行かんこともある。

ジェフの試合だって不満たらたらで見てるけど、腹立たところでしょうがない。

勝ち点3取れてるからよし。結果に内容がついてくることだってあるんじゃねえの。

3ー2という得点は、招待で来てくれたお客さんがハマるための捨て石みたいなもんだわw

終盤に入った深井のガッツには勝利と同じくらいスカッとしたわ。

わかりにくいころは妊婦さんマーク欲しいね。
妊婦じゃない人を間違えて妊婦さん呼ばわりするリスクも無くなるし。

狸寝入りの重役風は帰りにウンコ踏まないかな。
七人のコント侍って番組がNHKのBSで始まった。

これがいい。

コメディアン、お笑い芸人がテレビに映らない日は無いが、笑う事は少ない。

今では、漫才のグループなんかは有名になるための登竜門、過程でしかない。

売れたら、トーク番組やバラエティのコメンティターを台本どおりにしゃべるだけで、大げさに目を見開き

「えええええっ」なんて喚くだけで退屈でしかたない。

時々、漫才グループの冠番組ができるけど、古くは「とんねるずのなんちゃら」みたいな面白くもおかしくもない番組ばっかり。

かつてあんなにテレビ好きだったのにほとんど見なくなった。

特に週末の夜のTVの破滅的なつまらなさ。泣きたい。


ちょい前に「料理の鉄人」が復活なんていってたけど、時間帯とキャストが悪く、残念ながら滅びる事となった。


それだけに始まったばかりの七人のコント侍は面白くて、今後に期待してしまう。



かつての週末の高視聴率番組は見ている立場からして快適だった。

週末の楽しい時間のメインだった。

今は好みもコンテンツも多様化してるから
なんていうが、はたしてそうだろうか?

一つのコンテンツが単体で完了してなくて、他の売り込みが見え見えでしらけるんじゃないのかな。

あと「芸人」に番組から用意されたセリフとか。もう芸が何なのかわからなくなってきたw


この番組の登場する「七人」は何回か放送すると入れ替わるらしい。

これだと「とんねるずのなんゃら」化せずに済む。


NHKのBS。夜10時。

NHKは気が狂ったように韓国ドラマを放送するけど、やればできるw
先日、スズキのマイティボーイが39万とか書いてたんだけど、ホントは45万だった。

記憶の引き出しが「同じスズキのバイクの250の単車よか安かった」という記憶。
そのスズキのガンマが46万
少し前に高いと言われてたホンダのVTが39万円台で「高いけどいいバイク」という記憶がヘンテコにリンクしてしまったらしいw

そんな記憶が残ってるくらいに10代の頃は単車の本ばかり見てた。

友人も単車好きな奴がいた。

コイツはスクーターしか乗らない奴だったけど、バイク関係の雑誌を片っ端から読んで知識のカタマリみたいな奴。

ベンリイだのメグロだのいう旧車が好きだといっていた。

「なんだ、カブじゃねえのか?郵便局のバイクみてえ」なんて俺が言うと顔をひん曲げて

これだからシロートは。。。

なんて言ってた。

「ミスターバイク」っつう雑誌を読んでると

「それはミーハー雑誌だからいかん。モーターサイクリストがよい」

「ドカッティじゃなくてドカーティーと言うと通っぽい」

なんてケチをつけてた。

まあ、彼のいわんとするところもわかる。

なんとなくバイク好きな人の方向性てのがあって、それを作るのは雑誌だったと思うんだ。

良くあったのが対決記事。

違うメーカーの同じクラスの単車で「ドッチが速い」バトル。

今だから「アホちゃいまっかw」だけど、当時は割と真剣に見てた。

性能のバトルなんて興味あるし。

そんな「バトル」を真面目に見てた当人の俺ですら、最初にホンダのバイクの総合カタログ見てCBXとかが「スポーツタイプ」てのを見て

どうやって乗り物でスポーツするんだよww

なんて思ってたんだから、雑誌の記事ってものは大変なもんだw

マンガもあってさ

「バリバリ伝説」ていう高校生が主人公のバイク漫画。

制服着て高価な単車乗り回すけど正統派w

公道で競争しまくる。オマケにケンカも強い。

危ないだろw

だけど人気あったよな当時。

真に受けて公道バトルやって死んじゃった人もいたんだろうな。

人の親の立場になると「なんてことしてくれんだ!キチガイ」てな気分になる。

もう少し古いマンガで「750ライダー」ていう漫画あって、長期連載の為に道交法と物語の設定が合わないのがあったけど、コッチの方がしっくりきた。

例のバイク通の友人には評判悪かったけどな。

もっとも此方も変わった「バトル」が時々出てきたけど荒唐無稽すぎてマネして死んだ奴はいないだろw

この後、性能バトルを各メーカー激化させて40万弱の250バイクが「高いけどいいななあ」と言ってたのが3年位で100万近いバイクになっちゃう。

コケて乗り方覚えるのに、高価なカウルが付いてて、ひとゴケ10マソとかさ

これで誰もバイクなんか見向きもしなくなり、バイク「ブーム」は終了。

去年、車を買い換えしようと車の雑誌見たけど、懐かしい感じの対決記事見つけたよ。

流石に文通コーナーは無くなってた

「俺今16、免許はまだ無いけどクルマのことはハンパじゃねえぜ」みたいなプロフィールとか面白かったんだけどな。

皆さん、安全運転でね。

公道バトルで死んでも、メーカーは折り紙の勲章すらくれないから。
もうダメだw

このゴールデンウィークはズッとゲームやってる。

ついこの前「ネトゲ廃人」なんて本見て笑ってたけど、笑いごとじゃなくなってきた。

昨日、「ん?今日はもう5日か。。。。。。。。」

なんて言ってたら

5日。。。あ、今日は友人の「本番」の日じゃん。


午後からなのに11時に気がついた。

「本番」の場所は原宿。アコスタディオつうとても小さな場所。

友人の所属しているオケの室内楽発表会みたいんがある。


原宿混んでるなあ。

慌てて来たから汗が引かない。


ここは若者の街。


いろいろオシャレをした若者たちがたくさんいる。(こちとら100年同じTシャツw)


このオシャレした若者を眺め

この青年は黒魔導士だな。ロッドが似合いそうな首飾りをしちょる。

この女の子は斧を持たせて海賊だな。甲冑が似合いそうだとか


若者をみて召喚カードに見えてくる。

重症でござるwwwww もう人生終了かw


室内楽の発表会ていうと大抵身内ばかりだから、ソンナところに狸の金玉みたいな顔して行くのは勇気いる。


気弱いからなボクw


友人はとても難しい曲にチャレンジしていた。

まあ、俺なんかと違って真面目だ。

以前俺もどうしてもこの手の発表会に出たいが、スタミナ持たないから子供のころやってたクラリネットでエントリーするという暴挙をやったことがある。

しかも、譜面を開いてみたら想像以上に難しくて、練習から逃げ回った。

ピアノ伴奏合わせの時に待ってたら、さらってないことに気おくれを感じ、脱走しかけたところを見つかって連れ戻されたことがある。


さて、狸の金玉面してホールに行った。


弦楽器が4人いると狩人に見える。。。。一人管楽器がいるとヴァルキリーに見える。

頭がかなり重篤な状況である。


キチンとドラゴンに向かう友人の姿は光ってたな。


ホントは演奏の感想を聞きたいんだろうけど、どうのこうのと評論する立場でもなく、半端なことは言えない。


この日の夜、ユベントスは31回目の優勝を決めた。

今年のユニフォームレプリカは記念に買っとくといいな。


なんたって去年のスクデットマークもついてるし、スポンサーのJeepの文字も白黒に映える。


原宿は高校の時に修学旅行で来てクレープ食った思い出の場所だ。


えらい混んでたよ。


もうタケノコ族とかはいないんだろう。

テーマ : 演奏会
ジャンル : 音楽

蘇我駅の出口の通路。まだ工事してる。

いったい、どんな立派な改修をしてるかしらんが、いつまでかかってんだよww


国道357だっけか14号だっけか、1000年終わりそうもない工事を何年もやってるけど、
アレと同じようなもんないかいな。

工事の混雑を避けるために試合後にフクアリでゆっくりできねえよ。

混まないうちに帰りたいからな。

あのへんの居酒屋とか一人で行くにはチーンな感じだし。

俺の性格上、スパビューナで風呂入って帰るのもいいけど、アリオ方面に歩くと

「キチガイJEFサポの違法駐車の人達だ」

なんて思われるから

周辺の商業施設に多大な迷惑をかけてます
なんて何度もいってるんだが、どのくらい迷惑なのか一度検証してみて誰かブログにアップしてくれんかな。

同じ曜日の同じ時間同じ場所。試合開催の有無でどのくらい駐車場が混雑して

人様の商売の邪魔をしてるのか

それとも強い立場にいる方からのいいがかりなのか。


商売っていえば、商売っ気無いよなあ、スズトク。

あけろよ日曜日w


帰りに寒かったのでラーメン屋覗いたら看板消えてるし。


あのへんって道楽商売なんかなあ。



帰り道、「愛媛は強かった」なんていう声が聞こえてきたけど


馬鹿言っちゃいけませんぜ和尚さん。


フクアリが満員に近かったころの対戦相手が、あんなショボいミスしてたかって?


明日のジョー」のゴロ撒き権藤のセリフをそっくり言ってやりたい気分。


今日は勝ったけど、「ロボコン、0点」て気分。

正直な話、もう一平君だなんだとドップリ馴れ合うのはそろそろ終わりにしたいんだ。ちっとも愉快じゃない。



長崎だけどガンバに並んで3位だって。

凄いよな。


マネするわけにはいかんのですかな?「最後の10分で1点取って結果を出すサッカー」てやつ

そんなに簡単じゃないんだろうな。



勝ったのに気分が悪いのは帰りにラーメン食いそこねたからだな。

今出勤したとこだけどさ。

電車。全然空いて無いよな。

ゴールデンウイークの中なんで休み取る人多いとばかり思ってたけど、大っきな会社のインテリさんとかはゴールデンウィークなんか終わった後で、ドカンと休み取って海外とか行くんだろうか?

デモ、職場はナントナク空いてる。
プロフィール

さざえさん

Author:さざえさん
こちらに引っ越してきました。

昔のブログの記事もそのうち公開していきます

Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR