「今年、はやってほしくない
メイクは、車内のメイクです」

なんて広告が電車にぶら下がってた。
JTの広告でござる。
タバコのマナーに関する啓蒙活動をしているので「マナーの王」としての提言なんかな。

電車の中で化粧をするな!
人としてマナー違反だぞ!

ということらしいが

大きなお世話だw

たしかに電車で化粧を始められるのは不快でござる。

これはアメリカ人が素っ裸の時に白人の異性が来たときだけ「マエ」を隠すのと同様の侮辱を感じ、
「なんと、拙者は猿と同じか!?」
という屈辱を味あうからであろう。

とはいえ、車内にはマルイで買ったようなチンドン屋みたいな高そうなコートを着た彫りの深いイケメンもいたりするので、俺みたく100年同じ私服着てるおっさんが、彫りが深く鼻が高い恐らく子供時代のアダ名は「恐竜」だったろうイケメンと同格なんで
「ざまあみろw」的な快楽には浸れる。

「今年、はやってほしくない
メイクは、車内のメイクです」

これ、日本語変だろう。

それに電車の隣で化粧されるよかタバコ臭いオヤジが近くにきたり屁をかまされる方がダメージあるんだけどな。
スポンサーサイト
前から言ってることなんだが、腰の抜ける程高いオーボエだが、どこのメーカーもロクなケースがついて来ない。

習字道具の箱みたいなもんを肩からぶら下げると、下の面の衝撃がきそうなところに弱いキーの部分がある。

普段は気をつけているけど呑んだ帰りとか、眠くて仕方ない時に少しづつの事故が起こってるんだろうとは思う。

更に楽器ケース自体が小さく、小物や譜面をバイオリンみたくケースにブッ込めない。

常にもう一つのバッグを持ち歩いているので両手が塞がる。

演奏会当日となると衣装もあって鬱になる。


不便はあるんだが、スキーは寒いとこ行かないと出来ないのと同じなんで文句いってもしかたないと思ってた。

とここへ来て楽器ケースの隅が破損してる。

先週、帰りに不便を感じたので発作的に買っちまった。

が、はやまったかなあ。
昨日「モーツァルトのオペラ」の練習だった。
「モーツァルトのオペラ」といってもいろんな曲のアリアをやる、いわゆるガラコンサートみたいなもんだ。

おそらくあまり縁の無い人からすると「モーツァルトのオペラ」という言葉から高い教養と見識に満ちた退屈な宇宙みたいなもんを思い浮かべるだろうけど

ひとつひとつはカッケーラブソングやらコミックソングである。

これが「芸術」と賞賛される理由は「うわ、また聴きてー」と思わせる曲作りのテクにある。


我々オーケストラのメンバーはオペラでは伴奏役。

だが足を踏み入れるとやめられない。

オペラばっかりいくつもやってる人をよく見かける。

自分もスッカリその魅力に取り憑かれ、活動場所が遠いところばかりなので「もうこれで最後」と日曜の夜に杉並から泣きながら帰りながらナカナカやめられない。

昨日の団体は若い人が多かったが、もう一つの方の団体は年寄りが多い。

いくつになっても恋への憧憬やトキメキなんてものは人にとって必要なもので、これは食べ物に勝る。

とはいっても、我々年寄りがリアルに恋愛というわけにはいかんw

「やだ旦那が元気すぎる」なんて広告を見るが、実際にそんな需要は己には無く、世間に対して思慮分別のある顔で「わっはっはっは」と振舞うのが我々年配者の実際の生活にあることを思えば、トキメキを奏でるとはなんと素敵ではないか。

話変わって細川護煕が東京都知事選に立候補したそうなw

おま、消費税廃止はどうなったww?
去年の年末くらいに中学時代の同窓会のLINEのグループに入ってる。

やはり人の名前をなかなか覚えないのは子供の頃かららしく、本名を教えてもらっても全然わからない。

が、相手はよくコチラの事を覚えているケースが多く、かなり恥ずかしい生き方をしてきただろうことを感じるw

先日、ある同級生が市会議員に立候補するという話題になった。


「うは!うらやま!」

ここでゲスが考えるのは、市会議員というなんだかなにをやるかも知らない職業がプロゴルファー並みに楽して大金を貰えるんだろうという想像しかわがないことが悲しいwww

どのくらいの名士であろうかが気になってネットで名前を検索してみた。

見たらいろんな理事をやっていた。

おそらく、休日なんかないであろう。

俺なんかマンションの理事を2年間やらされるだけでやれ、自分の貴重な時間がなくなるだなんだと悪態をついて不貞腐れてたのに

少々のキチガイに時間潰されたのを世の1大事くらいに騒ぎ腹を立ててたのとは大違い。

きっと面倒なことを沢山こなしてきただろうし、議員さんだの政治活動だのはこういう面倒との闘いだろうからふさわしい仕事だろう。

夏にケツの手術して、半年。
ボチボチ完治してほしいぞ。
なんでも始まったばかりのドラマからスポンサーが降りたんだそうな。

実はこのドラマの舞台の施設は自分と少し接点があったりしたので少し興味があるんだ。

しかし世の中の人は忙しいだろうによくドラマを一時間もジッと見てられるもんだ。

「半沢直樹」のドラマを一回も見てないので、職場のボンクラの話題はおろか指揮者の例え話すら解らないとほほな状況。

実は去年「塚原卜伝」という時代物を見たんだが、半沢ってあの役者さんなのな。

その半沢ドラマのイメージでやってるんだろうスーツ着たCMのテンションの高いキチガイサラリーマンみたいなのが半沢直樹だったんだろうなあ。

カエルを使ったチューハイのCMがアルコールなんちゃら団体みたいなんからクレームが来て中止になるそうな。

このクレームつけてる団体とか、バックの利害関係やらってどうなってるんだろうとか興味が沸いたよ。

なんも利益無いのにシバキやるとは思えんw

あのサントリーのペンギンのCMが懐かしいよ。
小学生時代、音楽で「1」を貰う劣等生だった拙者だったが、クラシック音楽は好きで隠れて聴いてた話は昔したっけな?

地元で「つらい」で有名な吹奏楽部に入ったんだがやっぱりつらい。

冷静に考えたら解る話だが、吹奏楽部でモーツァルトやベートーベンはやらん。

学校行事なんかの余興の曲ばっかでなw

ピンクレディーだのズートルビだのをやるんだが

「これ金管楽器だけありゃいいだろうよん」

楽器やってるが、中身にかかわれない。
埃被った変色した楽譜が配られた時には音楽のテンポ指定に
「ゴーゴー」と書いてあったぞ。

ほとんどの曲でクラリネットは要らない子。

ただ部活は「吹奏楽を通じた人作り」なんていうスパルタの礼儀作法を叩きこむ場という諦めがあって、それに疑問を挟む勇気は無かった。

レコードで聴くモーツァルトのクラリネット協奏曲やフルートとハープの協奏曲なんかは違うもの。

別に存在はするものの、自分とは関わらない。

ある日クラリネットの4重奏の譜面をやってみた。
作曲者Mozart
曲名アレグロ
と書いてある。
自分の楽器から発せられる奇跡のような美しいメロディー。
4人それぞれが受け持つ重要な楽しい役割。

そのメロディーに
ドーレーファーミー
っていう部分があったがこれがモーツァルトの交響曲41番4楽章に同じモチーフがある。


先週、この41番の4楽章の練習があった。

録音でプロの演奏はさんざん聴いてたけど。そこにある弦楽器から鳴るこのメロディーの美しいこと。

うわあ、なんじゃこりゃあ!

なんてビックリしたんだわ。

もう来月が演奏会の本番なんでもうすこしのお付き合いというのが寂しいね。
最近はブログの更新頻度が落ちてきたけど、また頑張ろうと思っとる。

例のインチキIT屋の件は書きたくてウズウズしてるんだ。

ブログとか書く人がズイブン減ったよなあ。

不特定多数が見るとこよかSNSにシフトすしてる人が多いようなイメージなんだけどどうなんだろ?

前は自分のブログはサッカーの試合の度に悲喜こもごもを綴ってたんだけど、最初は悲しいことばかりなのでw

じゃあお前はSNSやってるんじゃホントはそっちが忙しいんじゃねえの?
と思われる御仁もいるかもしれんが
そっちは出番がない。

見てるだけww

年末年始「友達数人でハワイでイェーイ」みたいな写真ばっかりを眺めてたわ。

あとは「パーティです。イェーイ」とか

自分はこの世界にどう関わるべきかと考え「イェーイ」を取り繕うことではなく、渾身の面白い話を書いた。
これが俺のアイデンティティーだ!

なんせ、女子大生の「私の朝ごはん」に午前中だけで「いいね!」が60個入るのである。

世の中の人は退屈してるのだ。見よ!


ところが丸一日経っても一件の「いいね!」もない。

職場にいる「笹塚の現役」といわれるイケメンリア充にその文章を見てもらった。

笹塚の現役は声を出して笑い
「かなり面白いっすよ。ただ俺も年配者の投稿は非表示にしてるだけっすから、どんまい」

お、おう、どんまい。
つい数年前は、年末年始となると高校サッカーの熊本県代表を応援しに出かけてたんだが、一昨年のプレーオフの決勝以来、寒いサッカー場なんかロクなところじゃないような気がして出かけなくなってた。

今大会の開幕が熊本県の国府高校の試合だったんだけど、テレビで見てた。

そもそもなんで高校サッカーに出かけてたかというと、殆どの試合をテレビでやんないからだ。

これ「日テレ」がやってんどよね。
「うまーい!」とか芸能人が大袈裟に目を剥くバラエティ削って放送してくんないかな。
この時期だけでも。

この試合はいくべきだったと思うような良い試合だった。

普段足を運ぶJ2ってのは良くも悪くも
「明日があるさ」
という興行なので、負けたら終了の涙は新鮮で心揺さぶられる。

「明日があるさ」なんて書くと

何言ってんだ馬鹿!と怒る人もいるだろうな。

一時期、日本中がサッカー見て発狂してた頃あった。

セルジオやラモスの言う事聞いて
「日本のサッカーは甘い」なんてそこらじゅうの人が怒ってるの。

年末年始休みに朝鮮王朝ドラマチャンネル(旧NHK)が、かつての代表のワールドカップを放送してるのを見て懐かしく思ったよ。

長時間のブチ抜き特番よか絶対面白いと思うけどね。
去年の年末にとあるオケの練習納めの後に遅い時間から「忘年会やろう」ってことになった。

(しまったな。夕方ソバ食ったんだった)

最近は立食いソバ屋訪問が趣味になりつつある。
聖夜は富士そばで過ごした。

とはいっても飲み会じゃ沢山食える。

イタリア料理屋に入った。

イタリア料理は良い。

ヌタやザーサイ、キムチなんていう苦手な食べ物がない。

「なに食べる?」

「俺なんでもいいや」とオシボリで顔を拭いてると

「ラム肉のパスタ」
「ゴルゴンゾーラピザ」

なんていう強烈な注文が聞こえてくる。
他は聞いたことないような料理で
「鹿肉がどうたら」なんて聞こえてきて意気消沈w

俺はゲテモノ系が駄目なんだ。
テリーヌも嫌い。

どうしてナポリタンだのハンバーグだの普通のサイゼリヤメニューを頼めないかな(*_*)

ビールのつまみが欲しいがサラダくらいしか食べられない。

焼いたフランスパンの上に蟹味噌みたいなのが塗ったくってあるが正体を知りたい。

「いやあ、じゃ俺は蟹味噌でも食うかな!」

と警戒心を見せずにフランスパンの上の正体を探ると

「なにいってんの?ナンチャラカンチャラでしょ?」

「だね、ナンチャラカンチャラだ」

とその成分を明かしてくれない。

まさか人糞や納豆ということはないだろうからと目を瞑りヤケクソで食べる。

食べれた。

なんというアバントゥーラ!

生きた心地がしない。

親切にも、取皿にゴルゴンゾーラをぐっさり乗せてくれる。

最初に「俺ゲテモノだめなんす」といえば逃れられただろうが、それは場の空気を凍りつかせたであろう。

折角なんでビールだけじゃなくてワイン飲むかw

「ハウスワインくれや、白で」

というと、「どれにする」


「やっぱいいですw」

ここで「一番酸味のあるやつ」なんて見栄を張る手も考えたが、
今更痛々しすぎるんでやめたw

後日、正月休みにサイゼリヤに突入し、溜飲を下げてきたわw
プロフィール

さざえさん

Author:さざえさん
こちらに引っ越してきました。

昔のブログの記事もそのうち公開していきます

Blackjack

スクリプトと対戦できるブラックジャックです。


Hit Stand


0

0



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR