上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャンピオンズリーグの決勝ラウンド1回戦

ユベントスホームのドルトムント戦。

<ここしばらくサッカー見てない人ならばJUVEの楽勝と思われるんだろうが

とにかく今月になってからが怪しい。

プロビンチャーレに2戦連続の苦戦ばっかりで、これは厳しいかなと思って早起きした。

放送が朝の4時スタートだったんだが、なかなか試合が始まらない。

どうもおかしいと思ったらキックオフ4時45分でこの時間開始。

スタジアムと現地に沢山ゲストがいて「カガワ」「カガワ」と言ってる。

これ民放レベルですよね?


先日の展望でもカガワのことばっかり言ってたしw

スカパーのサッカー放送ってとてもわかりやすくて、サッカーが好きになる解説で好きだったのに

やり方が民放と同じ。これもスクエニと同じで中身のソフトに興味が無く、知らない人が絡んできたんだよね。


もう
企業って中身は素人でTOEICで5000万点取るやつばっか採用してるんじゃねえか?

案の定ユーベの苦戦でイライラしたけど、それ以上に番組構成がイライラした。

中身に興味が無いヤツがソフトをやるなよ!

先日、老舗の天麩羅屋の屋号買ってボンカレー出してるなんて話したと思うんだけど、みんな同じじゃねえか

天麩羅の味は関係ないんです(キリッ!

こういう中身スカスカのパワポ屋リーマン貴族が支配してだな、ソフトを放りだし、本業を忘れ、就業時間で「恋するフォーチュンクッキー」踊ってるからテレビもアニメもゲームもすかばっかだろが!



スカパーだけはこうならんでくれ。

セリエBでもJUVENTUSの放送を続けた魂を忘れるな

スポンサーサイト
ここのところ連日寒いですな。

自分も負けじと安物のマフラーや風を通すボロ手袋して通勤中でございます。

ふと駅のホームの電車待ちの行列見てたらコートの種類がイロイロだ。

昔はバーバリー風コート(俗にいうサラリーマンコート)ばっかだったのに。
ましては黒いアブない刑事コートなんかいない。
そういや、アブない刑事、また特別にやるらしいね。
何やってもつまらないテレビ屋さんは「昔の名前で出ています」商法ばかりw

仕事そのものに興味無い英語だけが取り柄の素人の貴族ばかりがリーダーやってるんだろう。
テレビとかゲームの業界にいかにも素人臭い企画ばかり見てると、ホントにバブル敗戦からの脱却難しいのかと心配になるぞ。

経営の傾いた老舗の天婦羅屋と料亭を買い取り、名前だけ残して商品をボンカレー化させる。「商品なんかどうだっていい。あんたらが思ってるほどに客は味はわからん。大事なのは経営バランスだ」
とこれで地に落ちたのがスクエニw
オンラインゲーでGMが参加しますなんてイベントあって仕様に矛盾があるところを指摘すると
「あ、それ仕様だから」と素人臭さを全開に発揮させた上に、GMの発言だからと改善されない。
スクエアとかエニックスとか名乗って欲しく無いわw

過去の遺物で商売しようとディズニーの真似して権利モノビジネスやりたいんならディズニーくらいの品質のソフト作らなきゃw

スマホ用の「ファイルファンタジーなんちゃら」とかドラクエのなんとかパレードっていう課金ガチャ以外すること無いゲームとかやった人いる? w

もうどうやって課金させようかと素人貴族が間接照明の会議室でゴミパワポ広げて会議してる姿しか目に浮かばん。
そこには天婦羅職人なんてもう一人もいないんだわ。





寄る年波には勝てず、頭に白いモンが目立つようになってきた。
安いカットハウスで頭を染めてもらう。
その際にお店の人が【気を利かせて】雑誌を持ってくる。
BRUTUS
という雑誌を持ってきてくれるんだが5秒で用無しになる。
不動アキラもビックリするくらいにいつも同じ私服着てる拙者が40万のコートだの10万のマフラーを着て黒ブチ眼鏡で鼻ヒゲ生やした男の写真に興味持つわっきゃない。

そもそもこのタイトルが新宿二丁目の老舗ボーイズバーを連想させる。

まあ、お店の人だって一目見て「こいつにはないなw」と思ってるだろうが、風貌だけで「パチンコ必勝ガイド」や「漫画ローレンス」だの実話系オヤジ雑誌持ってくのもトラブルの元となる可能性は高い。

あとは5秒で用無しになった雑誌を悟られないように読む。
鼻ヒゲのオシャレ御託を我慢して読む。もう意地と意地の闘い。

エロ本やアイドル写真集のポエムすら読んだこと無いのに糞鼻ヒゲ野郎の御託を読む。

世の中にはこれに興味があって身をよじりながら鼻ヒゲポエム見てる御仁もいるのだろう。

と、そういえば最近「週刊実話オヤジ」みたいな雑誌を見かけない。
やっぱこの御時世、ヤクザ情報とかは駄目なんだろな。

おおるりバスツアーで寄ったドライブイン田吾作。
ここで買った椎茸が美味かったな。
熊本産のいい椎茸を食べ慣れてるけどオドロキの旨さ。
キノコ饂飩鍋。ソテー。焼肉の全てで主役だった。
安いツアーだから変なもの買わされるんじゃないかと構えてたけど大間違いだった。

スカパーでチャンピオンズリーグの決勝ラウンドの試合展望なんてのやってたので見た。

ユベントス対ドルトムントの展望が香川の話だけ。
10年前からは考えられないほどの番組の質が低下してる。

ここも会社が立派になりすぎて、英語できるだけの仕事素人を集めてるのかなあ?

草津温泉が好きで、何度も行ってると激安のバスツアーが目に入る。
送迎付き一泊二食付き7000円。。。

どうせショボい宿だろうが、用があるのは草津の湯でござって、豪華な食事も金の浴槽も必要無い。

試す価値はあるのうw

草津で宿泊できれば壁の薄いボロ民宿で良いのだ。

旅館のレビューを見ると「食事が残念」「従業員の態度がデカい」「浴場のカランが錆びてる」などとあるがこんなことならばOKすぎるw
毛皮や仏壇の購入を迫られたり、宿の絵の裏にお札が貼ってなければよし。
必ず指定のドライブインで食事させられるらしいが、3000円の釜飯を強制されるくらいの事は覚悟の上。

というわけで建国記念日の翌日を休みにして西船橋発のバスツアーにカミさんと参加した。
旅館は草津だけでなく、那須や鬼怒川にもある大手なので彼方此方で、バスの客が合流したり分散したりする。

客は年配が多く、拙者はヤングな部類。

合流と待ち合わせが多くて時間がかかる。
一人で参加してるバアさんがいた。派手な服を着てる。

旅館にはカラオケだのダンスホールだのがあるので、いった先でお仲間みたいな人と騒ぐのだろうか。

先に得ていた情報通り、ドライブイン「田吾作」に寄る。

高い食べ物は無い。
山菜蕎麦で670円。
釜飯は千円ちょいで、前日予約必要とあるw

昼食と度々の休憩、合流を繰り返して旅館に着いたのがお昼の2時近く。

民宿を度々利用していた身からすれば宿は立派すぎるくらい。

夕飯のバイキングはアルコールも飲み放題。

確かに美味い食物じゃ無いが、老舗旅館に行って食えない量の煮物だの猪や鴨の肉だの出されるよかマシである。

旅館にはマンガコーナーがあって「バツアンドテリー」だの「ドーベルマン刑事」なんていう漫画があって、なかなか熱中w
よくあるゲームコーナーのパチンコには羽根モノがあって楽しめたし。

ダンスホールだのラウンジだのは使われてなかった。連日着飾ったおババでごった返してるなんてのは妄想だった。団体客用だな。
イヤイヤ社員旅行の時代でも無いので無用の神殿かもしれん。


まあ良かったんじゃないすかw
とチエックアウトの準備してると、行きの最初のバスに居た一人バアさんが同じフロアに居た。
ダンスホールに行くんじゃ無かったんだ。

俺と御同輩の草津温泉大好きな人か。
もう連れ添いの人はこの世に居ないのかもな。
かつては家族大勢で来てほうとうの試食をうまいうまいと食べたのかもしれんのう。





連日新しい代表監督候補の話題がネットに載ってるんだけど、監督のビッグネーム聞いたとこで心は踊らない。

先日ラニエリに断られたなんて「情報筋」による(笑)ニュースがあったけど、ザッケローニに続いてユベントス暗黒時代ガチャでもヤル気かよ。とどめはチーロとかなw

能力のある監督でも相性とか野心の向き方でダメな時はダメ。
その辺を達観しとる海外のクラブなんかは速攻替える。
ナントカサッカーの熟成なんていう妖精やツチノコみたいな話は通じない。

いっそ日本人監督とかどうなのかな?
何億も出さないと誰か死んじゃうのかな?
昔のN響みたく外人指揮者に怒られないと真剣にやらなかったりするのかな?

プロビンチャーレで散々結果だしたザッケローニには期待したんだけど、ダメな時はダメなんだな。
ホントは3バックでビアホフやヤンカーのワントップやりたかったんだろうと
クソみたいなハーフナー・マイクをいつまでも諦められんかったあたりに想像してしまうんだ。





昨日「マエストロ」見た事書いたけど

その前にビール飲んでたのに、映画見た後、軽く夕飯を兼ねて近所の山傳丸で飲んだんだ。

久しぶりの美味しい魚に下戸の拙者が冷酒をたくさん飲んでしまった。
コップの下に枡を合わせ、そこにこぼれるほど酒を注ぐ。

若いオネーチャンが注いでくれるので

「この注ぎは、俺に惚れちょる」

と酒が進む。

飲み過ぎて脱水状態のように喉が渇き、夜中何度も水分を求めて冷蔵庫に行くが、お茶が冷えてない。一晩中牛乳を飲んでた。


正月からズッとアルコールを絶やさずの生活だったけど、サスガに昨夜は寝た。
「マエストロ」観てきた。

渋谷のLIONで生ビール飲んできたので
もしかしたら寝るかもと思ったが、面白かった。
渋谷にはリード買いに行った帰りなので楽器ケースをぶら下げてた。
きっと周りには「いい歳こいたブラバン爺がしたり顔で御登場w」
なんて思われたかもしれんぞ。

正月に「オーケストラ」っつう外国映画見たばっかで、ロートル団員をかき集めて最後は「ブッラボー」な話なんだろうな。
とシラケかけたところ西田敏行の指揮の見事さで一転。
この手のものは楽器の運指をちゃんと合わせたりするものであるが、指揮の演技は一朝一夕には出来ないものだと思ってた。
あの高いクオリティーの「のだめカンタービレ」ですら指揮者は指揮からヒいてる感じがあったけど、西田敏行は必死に目の前のクソオケを立て直そうと見える鬼気迫るものがあって、かなり感情移入してしまった。

アマオケ界隈で「未完成」流行りそうだな。
「人一人殺すつもりでやる」ってね。
こういう思い入れってアマだからこそだわ。

とブラバン爺のしたり顔でしたw


プロフィール

さざえさん

Author:さざえさん
こちらに引っ越してきました。

昔のブログの記事もそのうち公開していきます

Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。