FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺は生まれつきのドジな上に耳が悪いから、あまり人前に出たくない。
人を不快にさせない為には愚鈍なおっちょこちょいを演じるしかない。

そんなんで、演奏会のチラシの挟み込みに行ってきた。
これがなかなかのドキドキイベントである。
俺が団体の顔として外に行くのだ。
これは行きつけでない二郎に行くくらいのプレッシャーがあるある。

自分とこの演奏会のチラシを挟んで貰う為に同じような連中と一緒にチラシをプログラムに挟む。
大抵その団体のリハ中で独特な緊張感。


リア充サークル系の大学アマオケを経験してる奴だとこんな時のコミュ力が圧倒的である。
彼らは人生における宝物の鍵を所有してる。

そこに俺みたいなジジイがヒヒヒ笑いながらノロノロとチラシを挟む。手が遅い。
「イッヒッヒw歳ですけんのう、手がかさかさで紙がなじまんのんでござる」
と取り繕いながら必死w

挟み込みが終わるとその団体の演奏聞く為に時間潰し半分で昼飯。

iPhone6からはスカパーオンデマンドで醤油スタの映像。

前半が終わってから丁度演奏会がスタートして演奏会の休憩中に試合終盤が見れる。

前半は森本のレッドで映像を閉じたw

次にあけると試合終盤が観れた。

暑い日だった。
一刻も早く帰宅してビールを飲みたい。
もはやダービーの馬券の結果を知る精神力は残ってない。

ビールで泥酔して目が醒めると今の時間だった。
喉がからから。

酒を飲むと脱水状態になるけど、これは酒弱いから?


スポンサーサイト
先日「どっきりカメラか!」と思うような歓声に囲まれたばかりだった。

東京駅で京葉線のシートに座り、演奏会でやるシベリウスの交響曲を聴いていた。

最近ストレスが強くて睡眠時間が少なくて浅い。いつもハアハア言ってるが電車やバスの中だけはよく眠れる。

シベリウスを聴き始めたものの力がフワリと抜けてウトウトしはじめた時、電車の扉が開くと同時に大歓声の数人が俺の両横と前にバタバタと座った。
夢かドッキリカメラ以外無い。

そいつらは大声でケンカ腰で騒いでるように聴こえたが、言葉を聞いてると中国人だ。

こいつらかww爆買いwww
ようこそ日本へw

彼らは声が大きいのでマナーが悪いというイメージがあるが、俺はそうは思わん。

俺らだってジジイは始末に負えない。

海浜幕張のコンビニに中国人旅行客と思えた若い男女がいて、並ぶとこがわからなくて俺の前に割り込んだ形になった時、懸命に謝っていた。

狭いコンビニの並ぶとこルールなんて毎日来てないとわからん。

しかし旅行ガイドなんかに「割り込みはいかんぞ、国の恥だ」と言われてたのだろう。


日本人は割り込みしないとか信じてる御仁は朝の有楽町の乗換えのサラルィーマンのショルダータックル合戦見た方が良い。

バツの悪そうな若者に俺の素敵な笑顔で
「ハバ ナイス トリック!」と渾身のイケメンボイスで応えてあげた。

俺のようなステキなオヤジは少ない。
我慢に我慢を重ねたヒーローが必殺技を繰り出すのは痛快なんだが、これは物語としてはかっけええんだが、これはビジネスのリアルな世界だといかんらしいんだ。
高倉健の「死んで貰います」やセーラームーンの「月に代わってお仕置きよ」はたまた「桃太郎、天に代わって鬼退治いたす」

てなやつなw拙者のようにいつも歯を食いしばってるとそんなんに憧れたりするわーwwww

で2週連続で良い楽器を試奏してきた。

その素晴らしさに、これで本番やれたら「月に代わって死んで貰います」くらい吐きたくなるわw

俺のニガテな高音の小さな音が簡単にあたるし、左手だけの不安定な音程のとこがなんとも頼もしい。
これは確かに楽器自体がいいのだろうけど、調整なんだろうな。

で、そのいい楽器も俺が半年吹いたら駄目になるような気もする。

ヘボの乗ってるバイクって走んないだろ?
夏競馬には共同馬主の馬が走るなんつう競馬の格言が昔あって

いわく「夏には次の馬のパンフレットを作って次の募集をかけるからだ」なんてことがまことしやかに言われてきた。

まあ競馬の格言や法則なんてのは全部後づけでつくるからアテにはならんが、商売つうのはそのくらいキビシイのでござる。

J2暮らしも長くなるとスポンサーの撤退なんかもありそうな中、そろそろハーフシーチケを売り出す頃だろ

今は負けちゃならんのだ、デモまた北九州にボコられた。


という結果だけなら泣きながらフテ寝するだけなんだが



そうでもない。

水野だ

今年JEFに戻ってきたものの、しばらくは途中で出てきてもパッとしなかった。

「あの閃光のようなジャブがこんなになっちまった」とあしたのジョーでの(パンチドランカーになった)カーロスリベラとの再会のような気分だったのだ。

それが片鱗を見せた。

積極的なプレーでフリーキックも蹴った。

絶望的な場面で我を失ったようなキムヒョヌンを凄い勢いで叱咤した。1cmもあきらめては無い。

ヨーロッパのサッカーが日本でも人気あるのは負けられない気持ちのぶつかり合いだと思う。

(ああ。水野もスッカリ凡になっちまったなー。もう終わりかなー)なんて思ったのが恥ずかしいわ。

ふがいない結果には違いないが、復調する水野がいて、激しい気持ちを感じたんなら1-3の負けは安いもんだ。

昨日、ジムでウォーミングアップの為の自転車漕ぎマシンをやり始めたところ、テレビで連続爆弾犯人の事をやり始めたら面白くて見入ってしまい、気がつくと70分を超えていた。

そのままBravely Defaultつうオンラインゲームのクソイベを少しやってたら体調がかなりおかしくて、今日のオケの練習も股関節の痛みとゲームのストレスで座ってるのがやっと。

練習が終わると楽天地スパにいって身体を伸ばす事にした。
昔はここはイレズミのお兄いさんが多かったんどけど、滅んだようだ。

こういうオヤジの吹き溜まりは100%場違いは無くて良い。

真っ黒な温泉につかった後、サウナの重たい扉を開けると、大勢いる客が歓声とともに拍手をはじめる。

なんだドッキリカメラかと思ったが、入口のテレビでは白鵬が負けて座布団が飛んでいた。









リア充サークルの新歓ハイクに行くようなファッショナブルな服着た若い男女が大勢職場にやってきて、「これから君ら外注の管理は我々ソリューション品質管理部がやる」
と言って今後2時間毎の作業の予定実績を報告する義務が課され、彼らは「恋するフォーチュンクッキー」を踊っている。

という夢を見た。

一見荒唐無稽な話だが、ありそうな話に汗をビッショリかいてた。

無能な貴族の考えた生産性無視の新しい管理、技術に興味が無く、理解していない言葉を吐き、それに若く技術習得の機会すら与えられない若者が従う。
問題を解決することに興味は無く、どの階級の人間に従うか。

開発の成果物を作るスピードを上げる技術だけが進んで、実際には使えないシステムが作られていく。
仕様を具体化できない。
「これはお客様が望みました」と時速200キロの車にブレーキをつけない。

何故時速200キロの車を客が望んだのかに興味が無いのか相手の目的を果たす別の方法を説得できないのか。

ソフトウェア業界の人材の低下は深刻すぎる。
新宿のJDRと渋谷のアクタスをハシゴしてきた。

リード買うついでに楽器の試奏会やってたので吹いてきた。

で、上手い人の使うような楽器を吹いてきたんだが凄くいい音がする。

うーん、これで本番やりたいなあ。。。

なんてね


リードも試奏して買うんだが、いつものように肩身が狭い上に、延々爆音で吹いてる学生にストレスを感じながらである。

このストレスを感じた後の銀座ライオンで飲むビールの旨さにかなうものは無い。


「うわっはっはwここまではこれんだろwwばーかばかww」

大ジョッキを天に掲げ飲む勝利の感覚は他ではなかなか味わえない。

おつまみにチョリソーなんかをフンパツしてるとあっという間に3000円とかいく。


130マソか。。。130倍に1万か。

と競馬新聞を買ったけどカッタルクて帰ってきた。1万浮いた




もしコンテならばリードされている後半にムチ一杯だったろう。

後半からダルそうにノンビリと試合に臨んだ。

撃ち合いじゃ火力の強い方の勝ちなんだ。

レアルマドリードを後半からへんちくりんなペースに巻き込んだ。

もう10年前のネドベドやデルピエロのいる時代じゃない。完全なチャレンジャー。

2点先制されるくらいのプランで臨んだんだろう。

それでも残り10分で1点取れば延長になる。

決勝決まったけど、次の相手も更に厳しい。

しかし、今日のプランに近い感じでいけば5%くらいはチャンスがあるw

アレグリに土下座です。

皆さんこんにちはw

ゴールデンウイークが終わってしまいました。

ユーべが33回目のスクデットを獲得したり、CLの準決勝のファーストレグでレアルマドリードにチャランボ食らわしたりとさぞかし大喜びを報告するかと思いきや、Blog書かないんで「コイツ死んだんじゃなかろうか?」などという淡い期待を抱いた御仁もいらっしゃるかと。

毎日書いてた時ですら、パソコンは1日に1時間程度だと決めてたのに、すっかりゲームにはまってる。

意外にゲームやってる人って同じくらいの世代が多い。

もう子供もある程度大きくて「ゴールデンウイークにパパとお出かけしょう!」といっても微妙な顔をされ、職場のヤングのバーベキューの話を聞きつけ「おじさんも行っちゃおうかな」で「え?」となる世代。

ゲームの新マップで「始まりの石」をドロップさせる為のアスタリスク作ったりとか、情報交流が楽しい。

ゲームのチヤットだとお互いにキモ爺というのは意識しなくて済むからな。

プロフィール

さざえさん

Author:さざえさん
こちらに引っ越してきました。

昔のブログの記事もそのうち公開していきます

Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。