スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシックCDを求めて

最近はクラシックのCDを買いに行く機会も減った。

AmazonだのiTtunesだので買うことが多いがiTtunesはいけてない

検索してもドボルザークとドヴォルザークとDvořákは別で、別々に検索をかけないかん。


もう10年もこの状態でアホかと思う。

外人はソフトウェアのイメージ作るのは旨いが脳みそが足りなくてアホソフトばかり作ってる。

それでもクラシックのCDがこういうののアオリを受けスッカリ縮小化してしまった。


売れ線ばかり置く。

かつて銀座4丁目にあった山野楽器のCD売り場ではオペラで棚一杯あったのが今じゃトホホな状況

iTtunesがいけてない別の理由で、録音データがわかりづらい。

綺麗な新しい録音を探したいので、2001年リリースとやらを買うと1966年の演奏とかばかりで

指揮者の名前を見ながら録音年代を想像するしかない

あの胸を高鳴らせながらあっというまに数時間が経過するCD屋での時間をもう一度

というわけで無理やり山野楽器にいってきた。

お目当てはグノーの聖チェチェーリア荘厳ミサ曲である。

売り場縮小に伴い、今では衝動買いもない。昔は平気で2~3万使ったのに。

今回は1400円のやつ1枚。


本屋もこんな感じだよね。どこいっても売れ線のライトノベルみたいなんばっか。


大きな店に冒険にいくことも無くなってもう10年以上たつのかな。

そもそもクラシックは新しい録音てあんま無いんじゃないかなー。

前に比べて「最近録音した」ってのがとても少ない。

10年以内なら最新。。無料音源が多くてさびれていってるのかもしれん。
スポンサーサイト
プロフィール

さざえさん

Author:さざえさん
こちらに引っ越してきました。

昔のブログの記事もそのうち公開していきます

Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。