倉敷&川勝がエスナイデルをどう見るのか

最近はDAZNへの不満が溜まってきた。

チームの成績がよくないこともあって当たり散らし気味でござる。

まず実況がよくない。

高校野球のハイライト番組みたいな無駄絶叫が多く、こっちが失点するとイライラMAX

解説も高校野球の
「10点とっても送りバント、しっかりした野球をされる監督さんですね」風
おもしろくともなんともない

DAZNは実況解説がクソ

と言ってたら倉敷&川勝だった。

それほど倉敷は好きではないものの、視聴者、TVの向こうにいる相手はサカオタ。
そのサカオタと価値観を共有しながら軽口をたたきながら進行する。

川勝の戦術ポエムも好きだ。というよりセリエの解説が長く、自分のサッカーへの価値観が川勝の影響が大きい。

この倉敷と川勝がJ2でやるエスナイデルをどう見るか

これが楽しみだった。

本音を言えば賞賛してほしかったのだが、あまりうまい具合な結果ではなかった。

せっかくの高いライン設定も攻撃に効果的なアクセントが無く。。
といった評価だった。

攻撃面でアテにしている町田やアランダを欠いて途中までサリーナスも出ないという日なので仕方ない

誰が出ても十分に戦術が発揮できるとこまで数か月ではこれないだろうし、そこまでの選手層ではない

2-2という結果はお互いに「取りこぼし」に思えただろう。
 
京都のようなチームからすると和合性が良かったように見える。
よく言えば。
去年までのJEFがそうだったように、相手が2つ3つミスしないと点が取れない。

JEFは連敗中で自分を信じられないミスしやすい心理状態だった。


次はもう少し良い状態で川勝に見てもらいたい。






スポンサーサイト
プロフィール

さざえさん

Author:さざえさん
こちらに引っ越してきました。

昔のブログの記事もそのうち公開していきます

Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR