スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーボエでトランペットのパートを吹いてみた結果wwwwwwww

ちょっとしたセレモニーでオケが出てベートーベンの交響曲の1部をやることになった。

これは突発なイベントの為に参加の強制はされない。

ところがトランペットが出れんのだそうなんで、もしかしたらオーボエでやっても効果あるのかもしれんとトランペットのパートを吹いてみた。

オーボエは3人出場可能だのだがそれでは一人余ってもったいないし。

てっきりトランペットの譜面はB♭で書いてあるものだと思ったら譜面をみて驚いた。Dで書いてある。

これはラッキー。1音あげて#2つつける移調なら楽にできる。子供の頃クラリネットをやっていたので慣れている。しかし逆は苦手である。既にC調が長いのに。。
いまでもB♭でドレミが聴こえてくる。

でやり始めたら
「トランペットってこんなつまらないの吹いてるんだ」

とビックリ。休んで休んでぺーんて音出すだけ。

これを繰り返していると自分の存在が薄くなんでもないことにアセリを感じてしまう。

なるほど。
どの団体でもトロンボーン率いる金管群が破壊神になりたがる理由が分かった。

大抵練習では「抑えて」といわれるが、本番では2倍くらいの音量を出す。
「なあなあ、俺が走ったの解ったー?w」
などと本番終了後にはしゃぐのはそういうことだったのだ。

そして大活躍しそうな曲で練習でプスプス外すと
「おまえらがやりたいっていうからやってんのになんだそのザマはw」
と指揮者から罵倒されたりする。

その点、オーボエ奏者なんかは
「ブラ3なんてやれるわけないじゃないですかw」
と吹けないくせに被害者気取りでイケル

せっかく次の演奏会でやる曲はなかなか美しいメロディーを担当させてもらうのでGWは練習してみよう。もう子供がデカくなってどこも行けない。
暇で行ける場所もない。
毎日「つまらない」と愚痴をこぼしている。

さて、オーボエでトランペットのパートを吹いても効果がないばかりか
「ナニ馬鹿みたいな音がなってるんだろう?」

てことでセレモニーのトランペット代打は無し。

まあ、俺みたいなセレモニー苦手なやつ(葬式で笑う。柏手をうつ)は居ない方が安心である。
スポンサーサイト
プロフィール

さざえさん

Author:さざえさん
こちらに引っ越してきました。

昔のブログの記事もそのうち公開していきます

Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。