来月、吹奏楽の一発楽団みたいなのの本番がある。

そのリハーサルの場所が船堀のタワーホールであった。

この前、オーケストラナデージダの演奏会を聴きに行ったのが初めてだったが、近所の中華屋がうまかったので、早めに出た。

なかなか場所は良い。車でいけばすぐである。
車で行くと結構時間がかかる。

リハ室は広くて使いやすい。

たしか来月の吹奏楽の本番の翌日がまたナデージダの本番だったと思う。

今では結構少なくなった3度注ぎのキリンシティがある。

昔はけっこういったが、あの3度注ぎのブラウマイスターなんてものがどんな味だったか

行く気マンマンだったが、昼に食った中華が重いのと、店の中が賑やか過ぎで入りづらかったのでやめた。

観ようと思って行けなかった「オケ老人」のポスターが貼ってあった。ここならいけるか。

それともダゾーンでまだ観れないのか


亀戸のオケにいっているので

職場の奴から「おまえ、ざうおしらねえか?」

と訊かれた。

そこは昔から行ってみたかったんだが、行ったことのあるやつが勧めない。

「ガッカリだった。何も釣れねえ、みんなで楽しみに言ったけどガッカリだった」
という。

釣った魚を料理する。だから値段が読めない。。。でドキドキして行ったら何も釣れなかったらしい。

ここのところキンドルで「どくだみ荘」を読みつけてるので

「お客さん、エラブウミヘビおめでとうございます。100万です」
なんて派手な背広きたお兄いさんがでてくるんじゃないかなんて、想像力が昭和の真ん中w



子供連れて行ったら喜ぶよなあ


って思ってたら、子供ももう高3、今大学受験の真っただ中。いくこともないのかなあ。

行ってみたいなあ

熊本の山鹿に住んでいたころだから小学2年生以下の頃だ。

当時、山鹿には「貸本屋」さんがあって、ここで漫画を借りるのが最高のレジャーだった。

中でも好きだったのが、とりいかずよしトイレット博士」
漫画の画風は赤塚不二夫に似ているかもしれない。今だと無い「笑い」なんだな

なんかカッコ悪くて、昭和で、下品で笑ってしまう。

作者のとりかずよしはこの漫画以外は一つも売れなかったが、それはこの漫画に全てを注ぎ込んだので

あろうことは同時代の少年ジャンプの「ド根性ガエル」と同じ。ずっと読みたかった。中にはまだ目に

してないのもあるがキンドルで読める。このためにキンドルの漫画モデルを買った。

実はトイレット博士、無料で読める(読み放題対象)


ちばぎんカップ、テレビで2回見た。

高いラインということもあり、そこ(高いラインのリスクと効能)ばっかり目がいきやすいが

今年は楽しめそうな気がする。

いかんせんJEFの場合、戦術だ監督だ個人技だの前に勝負事のひ弱さが目立つ。

近年、誰がやろうと勝負にこだわるわけでもなく、タンタンと時間が流れていく試合。

そういう試合、もうひっくり返ることも無いし、リスクを犯しに行く必要のない試合もあるのかもしれんが、大分や山形とやったプレーオフ決勝で負けてる場面でのセットプレーでキーパーが上がっていかないとか、ホームでコートチェンジされて感情もあらわさない淡々さ。
自分のパスは成功させ態勢の悪い味方に簡単にボールを渡す。

というのが結果以前の伝統芸能になっていた。

これは「無理せん作戦」である。

走れなくとも、パスの2手先を読む能力が無くても、スタミナが切れようとも、一対一で負けようとも

90分間試合をして帰ってくるだけである。

目に見える大きなミスが無いので誰も責められない。

これは出来損ないアマチュアオーケストラでよく見るシーンである。


この伝統芸能を知らないエスナイデルのチャレンジみたいなものがあるような気がした。

無理せんや現状保留からの脱出が規定できそうじゃ。

今年こそRevolutionであり奪甘で奪還といきたいw

今朝のレアルマドリー対ナポリだが、ナポリは最後は足が止まっていた。

しかし前半は細かくボールを動かし、先制までした。

引いて守って相手に得点を与え、90分過ごし1-0で負けたのではない。

先制したがさらに強い相手に3点を返されて3-1で負けたのだ。

前評判の低かったエスナイデルだが、ソチラ側の人間だ。
前にも書いたが、江東区の各施設が建て替えだの打ち直しだので、オケの練習場がジプシー状態である。

練習場が固定化されているというのは実にありがたい。団員も集まりやすい。

練習場が変わることの多い団体の方が圧倒的に多く、そゆとこにいるとありがたみを感じる。


先週、練習場所を間違えた。


既に練習が始まっていてパートの人から
「おめえww何やってんだよwwwwww」なんてメールが入る。

この日、珍曲の1番オーボエの代奏をすることになっていた。

ドタ逃亡とのそしりを受けかねない

とりあえず、近くまでバスで行ってタクシー拾った。

タクシーは410円でいけた。。おおおお、これかw410円タク

足立区あたりのタクシーとは思えないような丁寧な対応で、運転手も若かった。

昔は近いと凄まれたもんだw

あまりの自分のツキに喜んでいたら、勝ったばかりのマフラーをまた無くした。

新宿に行ってきた。

年末で営業の終わったグリーンプラザは建物がなくなっていた。

実は先日倒れたオーボエをJDRに診てもらいにいったんだが、やっぱり大事は免れてたよう。

昨日の合奏では不具合なかったし。


せっかく新宿いったのにサウナ行かないのも寂しいなと

昔、ハッテン場として恐れられていたフィンランドサウナに行ってみたら


なんて名前になっていた。昔は巨大なプールみたいな風呂があったんだけどなくなっていた。

最後はグリーンプラザのプール水風呂も使わなくなっていたなあ。

こう、なんか昭和の頃の勢いみたいなのが懐かしいw

やっぱ俺はこういうお風呂でのんびりするのが好きで、90分コースにしたんだけど、

お風呂とサウナだけであっという間に時間だった。


先週の土曜日だから丁度1週間前の話になる。

オケの練習に行く前に昼飯を食べようとスシローに行った。

昔は休日にスシローに行くなんて、大変な待ち時間を食らったもんだが、周りにスシローがボコボコ建ってきてる。お昼はあまり混んでない。

ソッコー座れるイメージでアプリでの予約もせずに行ったら結構な混み方。。。。。


ラッキーなことにカウンターがひとつ空いてて、ソコに通されることになったが、エラく狭い。

右におっさん、左にジイさんがいて、その連中はそれぞれにツレがいて。一つ空いてる席の方に幅寄せしてた感じだった。

「どうもwごめんなすってw」

と手刀を切って入れてもらうと左のジイさんが自分の目の前に来ていたガリを「共有の場所」に出してくれた。。ありがたい。

俺は回転ずしは半分はガリ食ってる。
ガリ無しで寿司を食うなど、鉄砲持たずに戦争に行くようなものだ。

ところがこのジイさん、回転寿司がよくわかってないようで色のついた台の上に乗った、ヨソの人が注文した皿を取る。
すかさず、ツレのオバさんが「それはとっちゃいかん」というが
とっちゃいかん理由が飲込めて無いようで、またダメなやつに手を出す。
また注意されてレーンの関係ないところに乗せる。。
それも注意されて、最後には癇癪を起してしまった。

また同じ頃、右側のおっさんは、年老いた色の黒い頭が真っ白な母親と見える人ににガミガミと文句を言いながら食べている。
親戚だろうか、いろんな人の名前が出てはその人が母親と会いたくないんだというような話をしている。
「あんたがサーモン食べたいといったから頼んだのになぜ食べない」とキレながら食べている。
腹の虫が収まらないらしく、いろいろと腹の立った話をしては母親に当たる。

年齢を重ねていくといろいろと不自由だなあ。


会計の為、席を立つとテーブル席側が見えた。
いつもいるような幸せそうなチビっ子を連れた家族がたくさん。
順番が回って小躍りしながら席について小さい甲高い声でなんだかんだと言ってる。

あのチビ助が時間がたつと、色の黒い頭が真っ白な人になるが
その時はテーブルに座るパパとママは助けてあげられないのだ


ネットで恵方巻たたきが始まると、年が明けたんだなあなんて実感と季節感。

今年も大量に残飯となったようでもったいないとしか言いようがない。

だいたいこの恵方巻、バイトにノルマ押し付けるのが目的というのでタチが悪い。

この恵方巻、ハロウインと並ぶコンビニの見てられないくらい恥ずかしいイベントなんだが、生ものというのがセンスが悪い。

一昨日、電気量販店で安売りのクリスマスのお菓子を買ってきたが、あれは腐らんからいいのだ。

物売りとしては「バレンタイン」の成功が忘れられないんだろうな。

昔は真剣に憂鬱だったぞwバレンタインw

女性にヒャーの縁もなかった。

街の特設売り場で沢山売れているものが一つも自分のところに届かない悲しみは無い。

冷静になれば、こんなもん貰ってる奴は決まってると気づく。


やるんなら恵方巻も寿司じゃなくて大砲巻(ドラ焼きみたいなのの中にヨーカン)にすれば日持ちしたのによw





合奏が休憩になったので、オーボエをスタンドに立てて、トイレにでも行こうと席を立ちかけたら

ぬうううううって楽器が倒れたwwww

俺にとっては神様というか本尊というか。。その楽器がだw

なんで

スタンドに立てそこなったのか?

いや、折れてる。。え?合奏中に立ててたよな。。。。。。


なんでこのようなことが起きる?

もうションベン行くのも忘れて、ピロピロ吹いてみたら、とりあえず音は出る。。

一応見てもらった方がいいのかな?



壊れた
ぜんぶ歳のせいだ

高校サッカーなんか寒くていけない

家で震えながらユベントス対ボローニヤ戦を見る。

正直、ユーベが強すぎて試合の興味もなんもない。

俺もボチボチ「熱狂的バルセロナファン」と同じような運命なのかもしれない。

解説は戸田さんだったが、ゲストが森本だった。

早々と勝敗の行方の決したゲームだったが、森本にまつわるいろんな話は面白かった。

JEF時代は岡本とチューするくらいしかインパクトを残せなかったが、ローマにドッピエッタくらわせたりしてたシーンが流れる。


一番コレと思ったのが

森本「日本人はボールを失いたくない(自分がその役になりたくない)ので裏にボールをくれない」

J2でボール保持して戦いたいチームには合うわけなかったのかもしれない。

何度もバックラインと駆け引きしてそこに要求している姿は見た気がする。

そういった練習はしていたと思うんだけど、

森本がJEFで活躍できなかったのはとてももったいなかったね
プロフィール

さざえさん

Author:さざえさん
こちらに引っ越してきました。

昔のブログの記事もそのうち公開していきます

Blackjack

スクリプトと対戦できるブラックジャックです。


Hit Stand


0

0



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR